12月第2週の結果報告

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎でございます。

いつものように結果報告を行わせて頂きます。

以下が2018年12月第2週の予想結果です。

「F式」対象全鞍の結果

公開鞍数:10鞍

◎勝率 :10.0%(1/10)
◎連対率:50.0%(5/10)
◎複勝率:70.0%(7/10)

単勝回収率 :11.0%
ワイド回収率:79.1%
馬連回収率 :72.6%
馬単回収率 : 0.0%
3連複回収率:35.1%
3連単回収率: 0.0%

「F式」厳選1鞍の結果

————————–

土曜日 阪神3R

[予想印]
◎ 7デュープロセス 1着
○ 6サンライズハイアー 3着
▲ 3メイショウロサン 6着

[指定買い目]
馬単 7 ⇒ 6,3

[結果]
不的中。

————————–

日曜日 阪神10R

[予想印]
◎ 6ファッショニスタ 4着
○ 5テルペリオン 1着
▲ 8ビッグスモーキー 7着

[指定買い目]
馬単 6 ⇒ 5,8

[結果]
不的中。

————————–
・的中率:0.0%(0/2)
・回収率:0.0%
————————–

「F式」重賞予想の結果

————————–

「中日新聞杯」

[予想印]
◎12ストロングタイタン 3着
〇14マイスタイル 8着
▲11メートルダール 5着
注 3グレイル 13着
△ 8ドレッドノータス 10着
△ 7ギベオン 1着
△ 4エテルナミノル 12着
△ 9レイホーロマンス 4着
△ 1エンジニア 6着

[買い目]
単勝 12
ワイド12 ⇒ 14、11(2点)
馬連 12 ⇒ 14、11、3、8、7(5点)
馬単 12 ⇒ 14、11、3、8、7(5点)
3連複12 ⇒ 14、11、3、8、7 ⇒ 14、11、3、8、7、4、9、1(25点)
3連単12 ⇒ 14、11、3、8、7 ⇒ 14、11、3、8、7、4、9、1(35点)

[コメント]
◎軸ストロングタイタンの戦績は19戦6勝2着3回。
重賞は3走前の鳴尾記念(G3)を勝っていますが、その鳴尾記念は4番人気ながら1分57秒2のレコード勝ち。
直近の2戦は2走前の宝塚記念(G1)が11着で、前走の小倉記念(G3)が8.3秒差の殿負けとなっていますが、
昨日のメルマガでもお伝えした通り、前走の大敗は心房細動発症によるものでした。
大敗後はノーザンファームしがらきでの放牧でしっかりと立て直され、帰厩後も順調に乗り込まれており、
1週前の坂路調教でも好時計を出していますので、心房細動明けの心配は特に必要ないと思います。
今回の中京芝2000Mという条件も、昨年7月のマレーシアC(1600万下)でレコード勝ちした条件ですし、
そのマレーシアCでは今回と同じ57キロを背負ってましたので、トップハンデでも問題は特にありません。
前走の大敗が嫌われてかなり人気を落としていますが、今回のメンバーのなかでは明らかに地力上位ですので、
喜んでコノ馬から入りたいと思います。

[結果]
不的中。

————————–

「カペラステークス」

[予想印]
◎ 4キングズガード 9着
〇 1キタサンミカヅキ 3着
▲ 8ハットラブ 8着
注 2コパノキッキング 1着
△ 6オールドベイリー 12着
△13オウケンビリーヴ 6着
△ 3ヴェンジェンス 5着
△ 7ダノングッド 7着

[買い目]
単勝 4
ワイド4 ⇒ 1、8(2点)
馬連 4 ⇒ 1、8、2、6、13、3、7(7点)
馬単 4 ⇒ 1、8、2、6、13、3、7(7点)
3連複4 ⇒ 1、8、2、6、13 ⇒ 1、8、2、6、13、3、7(20点)
3連複4 ⇒ 1、8、2、6、13 ⇔ 1、8、2、6、13、3、7(40点)

[コメント]
◎軸キングズガードの戦績は37戦8勝、2着10回、3着8回。
これまで重賞勝ちは昨年7月のプロキオンS(G3)の1勝だけですが、重賞2着が3回、3着も3回ある馬です。
昨日の見解メルマガで述べた通り、前走のJBCスプリントは6着という結果でしたが、直線でテーオーヘリオスの外に出したかったタイミングで、
外から来たモーニンが邪魔で進路が無くなり、やむなく内に進路を切り替えましたが、前が壁になってまともに追えず完全に脚を余した形となりました。
そのJBCスプリントで3着だったキタサンミカヅキは今回は前走より1キロ重い58キロを背負いますが、それに対しキングズガードは1キロ軽い56キロでの出走となります。
キタサンミカヅキとの比較では斤量面で明らかに有利となり、さらに前述の通り前走は不利もありましたので、十分逆転は可能です。
鞍上は藤岡佑介から内田博幸に替わりますが、中山ダート1200Mなら内田のほうが信頼度は上。
人気は恐らくキタサンミカヅキのほうが売れると思いますので、それならば喜んでコノ馬から入りたいと思います。

[結果]
不的中。

————————–

「阪神ジュベナイルフィリーズ」

[予想印]
◎12レッドアネモス 9着
◎ 5メイショウショウブ 6着
▲13ダノンファンタジー 1着
注 1ベルスール 17着
△ 4シェーングランツ 4着
△ 2ジョディー 16着
△ 3プールヴィル 5着
△15ローゼンクリーガー 12着
△11ビーチサンバ 3着
△ 9クロノジェネシス 2着

[買い目]
単勝 12、5
ワイド12、5 ⇒ 12、5、13、1(5点)
馬連 12、5 ⇒ 12、5、13、1、4(7点)
3連複12、5 ⇒ 12、5、13、1、4 ⇒ 12、5、13、1、4、2、3、15、11、9(44点)

[コメント]
穴軸の1頭目レッドアネモスの戦績は2戦2勝。
レッドアネモスが新馬戦で2着に負かしたマイネルサーパスはその後2勝を挙げ、サフラン賞で4着に負かしたジョディーも次走で赤松賞(500万下)を勝っていますので、
勝ちっぷりは地味でも負かした相手は一定レベル以上の馬達です。
新馬戦は2番手からの競馬、前走のサフラン賞は逃げ切り勝ちですが、スピードの違いで前でレースをしているだけで、終いの脚はかなりシッカリしていますので、
控えても持ち味は十分活かせるとみています。
所属の友道康夫厩舎は今回3頭出しですが、上位人気が予想されるビーチサンバよりも、コノ馬のほうが穴としての魅力が溢れています。

もう1頭の穴軸メイショウショウブの戦績は4戦1勝、2着1回、3着2回。
前走のデイリー杯2歳S(G2)は牡馬に混じって堂々の2着でした。
これまでの4戦は全て馬券圏内で、阪神芝1600Mも新馬戦で経験済みです。
今回のメンバーで牡牝混合重賞の連対実績があるのは、コノ馬とラブミーファインの2頭だけですが、
ラブミーファインは芝1200Mの函館2歳S、それに対しコノ馬は芝1600Mの牡牝混合重賞での連対実績なわけですから、普通に考えてコノ馬のほうが評価は上。
完全に人気の盲点となっていながら、指数順位は堂々の1位ですので、コノ馬も喜んで狙うべき馬だと思います。

[結果]
不的中。

————————–

「中央アドバンス版」の結果

公開鞍数:26鞍

◎勝率 :11.5%(3/26)
◎連対率:30.8%(8/26)
◎複勝率:46.2%(12/26)

単勝回収率 : 29.6%
ワイド回収率: 43.1%
馬連回収率 : 18.9%
馬単回収率 : 0.0%
3連複回収率: 18.5%
3連単回収率: 0.0%

予想結果総評

ということで、12月第2週は◎軸馬の勝率がかなり悪く、全体的にもかなり低調な結果になりました。

先週はご期待を大きく裏切り、本当に申し訳ありませんでした。

12月に入りかなり厳しい結果が続いていますが、何とか残りの2週+1日の開催でプラスを達成できるよう、全力で頑張らせて頂きます。

最後に・・・

「朝日杯フューチュリティステークス」「ターコイズステークス」」のブログ記事とYoutube動画をアップしております。

出走予定馬・予想オッズ・有力馬の見解や現時点での狙い馬などについて書いておりますので、是非ともご覧ください。

■ブログ記事

⇒ 「朝日杯フューチュリティステークス」https://keiba0.com/blog/keibayosou2018/1210-3/
⇒ 「ターコイズステークス」https://keiba0.com/blog/keibayosou2018/1210-4/

■Youtube動画

⇒ 「朝日杯フューチュリティステークス」https://youtu.be/YOUK11QVJaI
⇒ 「ターコイズステークス」https://youtu.be/mY_dpvXjRyo

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】エリーの重賞おすすめ馬【根岸S編】

27日(日)はフェブラリーSの前哨戦『根岸ステークス
去年のダート界に現れた新星ルヴァンスレーヴがフェブラリーS回避。王者不在のG1でどの馬が勝つのか混沌としてきましたね。根岸Sが直結しそうな気がするのでしっかり分析して根岸&フェブラリーダブル的中を目指しましょう。

エリー推奨馬
本命馬サンライズノヴァ
前走G1のチャンピオンズCこそ6着と馬券圏外に負けたが、その前3走は東京コースで重賞含む3連勝。去年のこのレースも2着、フェブラリーSも4着ならコース実績がずば抜けている。
穴馬クインズサターン
今年の根岸S出走予定馬に距離短縮組が少なかったので穴推奨はこの馬で。東京コースは秋嶺S勝ちや武蔵野S2着など相性が良い。重賞でたびたび馬券に絡んでくるので侮れない。

エリーはダート戦の成績があまり良くなくてちょっと自分の予想だけでは心もとない。。そこで参考にしたいのが競馬大陸さんの『利益直結馬』ホントに嘘みたいに次々と当てていてびっくりなんです!



昨年の秋ダートG1もご覧の的中実績!堅いレースは本命馬で。荒れたレースも利益穴馬で拾っていて万馬券的中!このダート路線の力関係を把握されてるので信頼度絶大です!
利益直結馬はコチラから!

自分で予想した馬とここの買い目を組み合わせて的中目指します!
競馬大陸の穴馬を見に行く!
メール登録して確認メールをクリック!