【F式&中央アドバンスとも全券種プラス】9月第4週の結果報告"> 【F式&中央アドバンスとも全券種プラス】9月第4週の結果報告"> <span style="font-weight:bold;color:#ff0000;">【F式&中央アドバンスとも全券種プラス】</span>9月第4週の結果報告

【F式&中央アドバンスとも全券種プラス】9月第4週の結果報告

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のFでございます。

いつものように結果報告を行わせて頂きます。

まずは9月第4週の「F式」の結果から。

公開鞍数:8鞍

◎勝率 :50.0%(4/8)
◎連対率:62.5%(5/8)
◎複勝率:75.0%(6/8)

単勝回収率 :237.5%
ワイド回収率:225.7%
馬連回収率 :222.4%
馬単回収率 :396.1%
3連複回収率:186.1%
3連単回収率:515.0%

続いて、9月第4週の「中央アドバンス版」の結果です。

公開鞍数:19鞍

勝率 :31.6%(7/19)
連対率:57.9%(11/19)
複勝率:68.4%(14/19)

単勝回収率 :122.1%
ワイド回収率:165.3%
馬連回収率 :232.7%
馬単回収率 :169.5%
3連複回収率:252.3%
3連単回収率:113.8%

ということで、9月第4週は「F式」「中央アドバンス版」ともに全券種プラスを達成することが出来ました。

特に「F式」の馬単回収率が約400%、3連単は500%を超えましたので、やはり◎1着の効果は計り知れないと感じています。

ようやく文句無しの好結果が出ましたが、もっと頻繁にこれぐらいの結果は出さなけれと思っています。

たった1週結果が出たぐらいですので、騒ぐつもりもありませんが、浮上のきっかけは掴めました。

今週末はいよいよ、秋のG1開幕を告げる「スプリンターズステークス」がありますし、凱旋門賞の馬券発売もあります。

個人的に今週は大変忙しい週となりますが、何とか乗り切りたいと思っております。

そして、先々週チラッと告知させて頂きましたが、

今週の水曜日頃に、「会員ライセンスに関する改定」を予定しております。

それと、新サービスの導入も計画していますので、またその頃に詳細をご案内させて頂く予定です。

ということで、今週末も是非ともご期待下さい!

【無料会員募集中】

競馬新聞ゼロでは無料会員を絶賛募集中です。
無料会員に登録すると以下の特典がございます。
その1 メルマガでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。
その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。
その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。
↓無料会員登録はこちらから↓
http://bit.ly/keiba0muryou
- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト


開幕週だからこそ錯綜する思惑。
ー不確定要素を避けたい陣営ー
開催地が切り替わるタイミングは調教師、厩舎にとって非常に重要なポイント
フラットな馬場状態、開催が進めば進むほど馬場は荒れていく。。
ー勝負になる馬は数頭だけ?ー
本来の能力を発揮できる開幕週に「必ず勝たせたい馬」をぶつけてくる。
が、ライバル厩舎の動向に注視し実力馬同士の潰しあいを避ける事もある。
ー適正重視の舞台で精度上昇ー
心身両面での個性や特性は「適正」と言われ、適正は時に弱点にもつながるため、中京競馬に照準を合わせた陣営を割り出す事は馬券の勝率を引き出すファクター。
2018年G1優勝馬の生産者及びレース前の放牧先外厩舎の一覧→クリック

それぞれのベクトルが指し示す思惑。
直近重賞の的中実績
日経新春杯105.3倍/フェアリーS547.4倍/シンザン記念1129倍

季節の変わり目、開催地の変わり目、トレセン班はもう中京情報を血眼で仕入れてます。
メルマガ購読必須。トレセン班が追いかける馬がきてます。
中京競馬最新情報を見る