【菊花賞2019】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

2019年10月20日(日)に行われる「菊花賞2019」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

今年で80回目を迎える「菊花賞」は京都芝3000Mで行われる3歳限定のG1レースです。
3歳クラシック三冠レースの最終戦として行われるレースですが、最近は春のクラシックホースが距離適性などを考慮して別路線に行くケースが増えており、年によってメンバーレベルに差が出ている印象があります。
今年はダービー馬が既に引退し、皐月賞馬も天皇賞(秋)に路線を変えていますので、かなり寂しいメンバー構成となりそうです。
過去10年の1番人気馬の戦績は5-1-1-3、勝率50%、連対率60%、複勝率70%ということで、勝率がかなり高く1番人気馬の信頼度は比較的高いレースとなっています。

【PR】今週の無料予想情報レース【決定】


⇒ 10月20日(日) 京都11R「菊花賞(G1)」

メールアドレスの登録だけで厳選買い目を毎週無料配信中。
さらに60日間全額保障実施中。

菊花賞2019 出走予定馬

登録馬は以下の22頭となっています。

馬名 性齢 斤量 調教師
アドマイヤジャスタ 牡3 57 (栗)須貝尚介
アドマイヤスコール 牡3 57 (美)加藤征弘
カウディーリョ 牡3 57 (美)堀宣行
カリボール 牡3 57 (栗)須貝尚介
サトノルークス 牡3 57 (栗)池江泰寿
ザダル 牡3 57 (美)大竹正博
シフルマン 牡3 57 (栗)中尾秀正
タガノディアマンテ 牡3 57 (栗)鮫島一歩
ディバインフォース 牡3 57 (栗)寺島良
ナイママ 牡3 57 (美)武藤善則
ニシノデイジー 牡3 57 (美)高木登
バラックパリンカ 牡3 57 (栗)平田修
ヒシゲッコウ 牡3 57 (美)堀宣行
ヒッチコック 牡3 57 (栗)中竹和也
ホウオウサーベル 牡3 57 (美)奥村武
メイショウテンゲン 牡3 57 (栗)池添兼雄
メロディーレーン 牝3 55 (栗)森田直行
ユニコーンライオン 牡3 57 (栗)矢作芳人
レッドジェニアル 牡3 57 (栗)高橋義忠
ワールドプレミア 牡3 57 (栗)友道康夫
ヴァンケドミンゴ 牡3 57 (栗)藤岡健一
ヴェロックス 牡3 57 (栗)中内田充

予想オッズ

1 ヴェロックス 2.4
2 ニシノデイジー 5.7
3 ワールドプレミア 7.4
4 ヒシゲッコウ 7.7
5 ホウオウサーベル 10.0
6 サトノルークス 14.7
7 ザダル 15.1

予想オッズ上位人気馬の見解

ヴェロックス

戦績8戦3勝 栗東・中内田充正
父ジャスタウェイ 母父Monsun

前走は神戸新聞杯(G2)に出走し、2番人気2着。
その前走の神戸新聞杯はサートゥルナーリアに完敗だったが、3着以下の馬とは差を付けており、悲観する内容ではなかった。
本質的に3000Mの距離が合っている感じはしないが、メンバーレベルがこれだけ楽になればさすがに無視することは出来ないか。

ニシノデイジー

戦績9戦3勝 美浦・高木登
父ハービンジャー 母父アグネスタキオン

前走はセントライト記念(G2)に出走し、2番人気だったが結果は5着止まり。
2歳時に札幌2歳S(G3)と東スポ杯2歳S(G3)を勝ち、ホープフルS(G1)も3着だった馬だが、3歳になってからは伸び悩んでいる。
デビューから一貫して勝浦騎手が騎乗していたが、今回はついにルメール騎手に乗り替わる模様。
鞍上強化で多少は期待出来る気はするが、それだけの理由で人気になり過ぎるようなら敢えて軽視するかも知れない。

ワールドプレミア

戦績5戦2勝 栗東・友道康夫
父ディープインパクト 母父Acatenango

前走は神戸新聞杯(G2)に出走し、3番人気3着。
その前走は勝ったサートゥルナーリアと同じ上り最速の脚を使っているものの、先着した馬も強く差を詰めるのが限界と言った内容だった。
それでも毎回末脚は確実なのと、折り合い面に不安は無いので距離に関してはこなせそうな感じはする。
コノ馬に関してはオッズ次第で印の重さを判断することになりそう。

ヒシゲッコウ

戦績4戦3勝 美浦・堀宣行
父ルーラーシップ 母父ファルブラヴ

前走は札幌芝2600Mの阿寒湖特別(2勝クラス)に出走し、1番人気に応えて見事1着。
2戦目のプリンシパルS(L)が3着止まりだったのでダービー出走は叶わなかったが、これまでの戦績を見る限りまだまだ底を見せてない。
距離も長ければ長いほど良さそうなタイプに見えるので、かなりやれそうな雰囲気を感じる。

ホウオウサーベル

戦績5戦3勝 美浦・奥村武
父ハーツクライ 母父Acatenango

前走は新潟芝2200Mの阿賀野川特別(2勝クラス)に出走し、1番人気に応えて見事1着。
夏に連勝して急激に力をつけてきた上り馬という印象だが、右回りのレースが初になるというのがやや不安か。
それでも今年のメンバーレベルなら上位に加わる可能性は十分ありそうな感じがする。

サトノルークス

戦績7戦3勝 栗東・池江泰寿
父ディープインパクト 母父Sadler’s Wells

前走はセントライト記念(G2)に出走し、8番人気だったが2着に好走。
取引価格が3億円近い超良血馬でデビュー時から注目されていた馬だが、皐月賞とダービーは二桁着順に終わっていた。
やや速い脚にかけるので、ディープ産駒としてはパワーよりの印象があるが、ゆえに今回の条件は合うかも知れない。

ザダル

戦績4戦3勝 美浦・大竹正博
父トーセンラー 母父Lemon Drop Kid

前走はセントライト記念(G2)に出走し、3番人気3着。
その前走は勝負処でややポジションを悪くし、直線もかなり窮屈になったが一応脚は使えていた。
前走の馬体から言うと叩いて型通りよくなりそうなので、今年のメンバーレベルならかなりやれそうな感じがする。

現時点での狙い馬候補

今年のメンバーは皐月賞馬とダービー馬が不在で、秋華賞と同様に「飛車角落ち」のメンバーだと言える。
ヴェロックスを負かす可能性がある馬として未対戦の馬を狙いたいが、そうなるとやはりコノ馬ということになる。
春の時点で既に一定レベル以上の地力を示しており、前走の内容からもヴェロックスを負かす可能性は十分あるとみている。

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの南関東競馬カテゴリの3位前後に書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
百聞は一見に如かずということでまずはこちらをご覧ください!

▼50万配当の的中実績▼



9/14(土)
阪神01R2歳未勝利
馬連40,920+3連複271,920+3連単197,100
509,940円で回収率は926.8%!



8/31(土)
札幌01R2歳未勝利
馬連286,000+3連複41,730+3連単191,800
519,530円で回収率は755.2%!

そして先週も50万には届かないものの無料予想で素晴らしい的中をだしました!



09/27(土)
中山02R2歳未勝利
3連複11,110+3連単42,660
53,770円で回収率は215.9%!

朝一的中は本当に助かりますね!その日のメインの軍資金にも繋がりますからね。この予想さんでは平日はトレセン情報を配信しているので要チェックです!
この予想さんの配信する情報をチェック!(CLICK)
返信メールをクリックしてログイン。(登録無料)ちなみにここの予想さんでは地方競馬の情報の配信もしているので平日から稼ぐのもアリですね。

取材班持ちの予想さんに期待!
今週は牝馬三冠最終戦・秋華賞が開催!今回の秋華賞は桜花賞馬、オークス馬不在と早くも混戦ムード。こういう時はやはり情報が大きな武器になりますよね!?ここはトレセンに取材班を持っていて重賞有力馬の情報を中心に色んな情報を配信しています!

秋華賞は牝馬限定戦、トリッキーな京都2000m内回りでの開催という要素が合わさり「荒れるG1」として名高く、過去に3連単1000万馬券の輩出を始め1倍代の支持を集めたブエナビスタ、ヌーヴォレコルトが敗戦するなど波乱が起きています。

ここの秋華賞の見解は、ローズS1着のダノンファンタジーに対しては距離に対して不安、春の実績馬クロノジェネシス、コントラチェックに対してもぶっつけの参戦ということで、昨年のアーモンドアイほど絶対的な信頼を置ける馬が不在ということもあり今年は波乱含みの結果になると判断しているみたいです。

この状況下で的中を出す為にここの予想さんでは牝馬戦特化のスペシャルチームを結成!過去にも桜花賞を中心に的中を出しています↓



スペシャルチームの予想もそうですが、秋華賞有力馬情報は今後配信される可能性が高いので注目ですね!週末に向けて各馬の独自の情報が出てくるのでオススメです!
メルマガの無料購読はコチラから!(登録無料)
返信メールをクリック。取材班のツイッターは随時更新。情報を見逃さない為にお早目の登録をオススメします!