【高松宮記念2019】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

2019年3月24日(日)に行われる「高松宮記念2019」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

今年で49回目を迎える「高松宮記念」は中京芝1200Mで行われる古馬のG1レースです。
春のスプリント王決定戦として行われるG1レースですが、同時に春のG1シリーズの開幕戦という感じのレースでもあります。
元々は高松宮杯というレース名で芝2000Mで行われていましたが、1996年にG1に格上げされ芝1200Mで行われるようになっています。
意外に連覇の少ないレースで、過去に連覇を達成しているのは2010年と2011年に勝ったキンシャサノキセキ1頭だけとなっています。

過去10年の1番人気馬の戦績は3-1-3-3、勝率30%、連対率40%、複勝率70%ということで、1番人気馬の信頼度は標準的なレースと言えるかと思います。

【PR】今週の無料勝負3連複レース【決定】

高松宮記念2019 出走予定馬

登録馬は以下の22頭となっています。

馬名 性齢 斤量 調教師
アレスバローズ 牡7 57 (栗)角田晃一
カイザーメランジェ 牡4 57 (美)中野栄治
キングハート 牡6 57 (美)星野忍
グランドボヌール 牡5 57 (栗)鈴木孝志
ショウナンアンセム 牡6 57 (美)田中剛
スノードラゴン 牡11 57 (美)高木登
セイウンコウセイ 牡6 57 (美)上原博之
ダイメイフジ 牡5 57 (栗)森田直行
ダイメイプリンセス 牝6 55 (栗)森田直行
ダノンスマッシュ 牡4 57 (栗)安田隆行
ティーハーフ 牡9 57 (栗)西浦勝一
デアレガーロ 牝5 55 (美)大竹正博
ナックビーナス 牝6 55 (美)杉浦宏昭
ヒルノデイバロー 牡8 57 (栗)昆貢
フミノムーン 牡7 57 (栗)西浦勝一
ペイシャフェリシタ 牝6 55 (美)高木登
ミスターメロディ 牡4 57 (栗)藤原英昭
モズスーパーフレア 牝4 55 (栗)音無秀孝
ラインスピリット 牡8 57 (栗)松永昌博
ラブカンプー 牝4 55 (栗)森田直行
レッツゴードンキ 牝7 55 (栗)梅田智之
ロジクライ 牡6 57 (栗)須貝尚介

予想オッズ

1 モズスーパーフレア 2.8
2 ダノンスマッシュ 3.1
3 ナックビーナス 7.3
4 レッツゴードンキ 10.3
5 ロジクライ 12.6
6 ミスターメロディ 14.4
7 デアレガーロ 24.8
8 アレスバローズ 34.0

予想オッズ上位人気馬の見解

モズスーパーフレア

戦績14戦6勝 栗東・音無秀孝
父Speightstown 母父Belong to Me

前走はオーシャンS(G3)に出走し、1番人気に応え見事逃げ切り勝ち。
その前走は前半3F32.3秒の超ハイペースで引っ張りながらのもので、スピード能力は群を抜いている感がある。
しかし、中京芝コースは2回走ってともに着外という点はかなり気になる。
強さと脆さが同居するタイプなので、あまりにも人気になるようなら軸にはし辛く、思い切って消すという判断になるかも知れない。

ダノンスマッシュ

戦績11戦5勝 栗東・安田隆行
父ロードカナロア 母父Hard Spun

前走はシルクロードS(G3)に出走し、1番人気に応えて見事1着。
その前走は直線で一旦窮屈になりながら、立て直してからの脚の鋭さは目を見張るものがあった。
1200Mの距離を主戦場にするようになってから一気に能力が開花しており、この路線の新王者になれる資質も備えているように思える。
人気にはなると思うが、やはりコノ馬は無視できそうにない。

ナックビーナス

戦績31戦7勝 美浦・杉浦宏昭
父ダイワメジャー 母父More Than Ready

前走はオーシャンS(G3)に出走し、2番人気2着。
前走は得意の中山芝1200Mということで、安定の走りをみせたが0.2秒差及ばなかった。
このレースは昨年3着に好走しているが、昨年同時期よりも調子は良さそうなので、昨年以上の着順も十分期待出来そう。
コノ馬もある程度の人気になる筈だが、当然ながら印は入れることになりそう。

レッツゴードンキ

戦績31戦3勝 栗東・梅田智之
父キングカメハメハ 母父マーベラスサンデー

前走は阪急杯(G3)に出走し、4番人気だったが2着に好走している。
このレースは昨年2着だが、その後4戦は掲示板ギリギリぐらいの着順が続いていたので、年齢的な衰えが懸念されていた。
しかし、前走の好走でその辺りも問題ないとなれば、やはり今年も上位争いに絡んで来る可能性は高そう。
人気次第ではあるが、印を入れる可能性が高い馬だとは思う。

ロジクライ

戦績16戦5勝 栗東・須貝尚介
父ハーツクライ 母父Machiavellian

前走は阪急杯(G3)に出走し、2番人気3着。
その前走は先行争いには加わらず中団から差す形のレースになったが、脚はシッカリと使えていた。
今回は得意の左回りに替わるのと、前走で差す形でも結果が出たのはかなり大きい。
前走で1400Mでも余裕で追走出来るスピードをみせたところから、1200Mでも全く問題は無いとみる。
コノ馬に関しては印は必ず入れることになりそう。

ミスターメロディ

戦績9戦3勝 栗東・藤原英昭
父Scat Daddy 母父Deputy Minister

前走は阪急杯(G3)に出走し、1番人気に推されていたが7着に終わっている。
その前走は18頭立ての16番枠が響いていたように思える。
中京の芝コースは昨年のファルコンS(G3)勝ちがあるので、得意コースだと思える。
1200Mへの距離短縮も良さそうなので、巻き返せる可能性は大いにありそう。

デアレガーロ

戦績14戦6勝 美浦・大竹正博
父マンハッタンカフェ 母父Souvenir Copy

前走は京都牝馬S(G3)に出走し、9番人気ながら見事1着。
前走はプラス32キロの馬体重でのレースだったが、これまでにない目立つ脚を使っていた。
馬が急激に良くなっている可能性があるので、思っていた以上の人気にならなければ印は拾っておきたいと思える。

アレスバローズ

戦績30戦7勝 栗東・角田晃一
父ディープインパクト 母父トニービン

前走はシルクロードS(G3)に出走し、10番人気5着。
昨年夏に重賞を連勝したが、スプリンターズS(G1)は14着に終わり、続く京阪杯(G3)でも10着に大敗していた。
前走でやや復調の兆しがみえた感があるので、今回は人気次第で印は拾っても良さそうな気がする。

現時点での狙い馬候補

コノ馬、前走も前々走も狙い見事に期待に応えてくれました。
そして、思惑通りここも勝ってこの路線の新王者に君臨するとみています。

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの南関東競馬カテゴリの3位前後に書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト


今週は春古馬G1の一戦目『大阪杯
ブラストワンピースワグネリアンキセキ
出走予定馬の名前を見ただけでもワクワクするレース!
そんな超豪華G1大阪杯の気になるデータを見つけたのでご紹介します!

◆大阪杯データ◆
【データ1】
春クラシック好走馬が強い
G1昇格後の馬券圏内6頭中4頭が3歳時の春クラシック戦で3着以内に入ったことがある馬!
3歳春の段階でいいパフォーマンスを見せていた馬が強そう。
【データ2】
若い馬の方が有利
過去10年で勝率、連対率、3着内率すべて4歳馬がトップ!

データ1.2から買いたい馬は4歳馬で去年の春クラシック好走馬。
エポカドーロ⇒皐月賞1着
ワグネリアン⇒ダービー1着



こちらは先週の的中結果。
俺の競馬さんらしくデカい配当を当てています!
G1馬が8頭も出ていてどこから買えばいいか見当がつかないレース。。。
俺の競馬さんに丸乗りして買ってみるのも全然ありだと思います。
大阪杯の予想を見に行く→(無料)
毎週無料で重賞の買い目が見れるのでお得ですね。
確認メールきたらクリックしてログイン!
はじめての方はまず無料情報でお試しください!