【阪神大賞典2019】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

2019年3月17日(日)に行われる「阪神大賞典2019」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

今年で67回目を迎える「阪神大賞典」は阪神芝3000Mで行われる古馬のG2重賞です。
天皇賞(春)を見据えた古馬の一線級の馬が出走してくるレースとなっていますが、近年は超一流馬が天皇賞(春)を目標としないケースが増えており、年によってはG1級の馬がほとんど出てこない年も出て来ています。
今年もどうやらG1級と言える馬が不在のようですので、少々寂しいメンバーとなりそうです。
過去10年の1番人気馬の戦績は5-2-2-1、勝率50%、連対率70%、複勝率90%ということで、2009年のオウケンブルースリ(7着)以外は着外になっている1番人気馬が居ませんので、信頼度はかなり高いと言えます。

【PR】今週の無料勝負3連複レース【決定】

阪神大賞典2019 出走予定馬

登録馬は以下の11頭となっています。

馬名 性齢 斤量 調教師
アドマイヤエイカン 牡6 56 (栗)須貝尚介
カフジプリンス 牡6 56 (栗)矢作芳人
ケントオー 牡7 56 (栗)西橋豊治
コルコバード 牝6 54 (美)木村哲也
サイモンラムセス 牡9 56 (栗)梅田智之
シャケトラ 牡6 57 (栗)角居勝彦
ステイインシアトル 牡8 56 (栗)池江泰寿
ソールインパクト 牡7 56 (美)戸田博文
リッジマン 牡6 57 (栗)庄野靖志
ロードヴァンドール 牡6 56 (栗)昆貢
ヴォージュ 牡6 56 (栗)西村真幸

予想オッズ

1 シャケトラ 2.2
2 アドマイヤエイカン 5.1
3 リッジマン 5.3
4 ヴォージュ 7.6
5 コルコバード 13.3
6 ステイインシアトル 21.4

予想オッズ上位人気馬の見解

シャケトラ

戦績12戦5勝 栗東・角居勝彦
父マンハッタンカフェ 母父Singspiel

前走はAJCC(G2)に出走し、約1年振りの出走で7番人気ながら見事1着。
一昨年の日経賞(G2)を勝った後は宝塚記念(G1)で4着があるもののスランプ気味のレースが続いていたが、前走の鮮やかな勝利で復活した可能性がかなりある。
やや折り合いに難がある印象の馬だが、折り合いさえすれば3000Mの距離もこなせるとは思える。
かなり楽なメンバー構成になりそうなので、このレースの中心馬になるのは間違いなさそう。

アドマイヤエイカン

戦績18戦4勝 栗東・須貝尚介
父ハーツクライ 母父フレンチデピュティ

前走は京都芝3000Mの万葉S(オープン)に出走し、2番人気7着。
2歳時に札幌2歳S(G3)を勝ったが、その後は長期の休養などがあったので、一旦1000万下まで降級したが、その後再度1000万と1600万で勝ち鞍を挙げてオープンに戻ってきている。
2走前にステイヤーズS(G2)で2着に入っているので、スタミナには問題ないと思うが、前走の凡走が案外だったので評価が難しい馬という感じがする。
想定以上に人気になるようなら敢えて軽視しても良い気がする。

リッジマン

戦績26戦6勝 栗東・庄野靖志
父スウェプトオーヴァーボード 母父Caerleon

前走は有馬記念(G1)に出走し、13番人気12着。
2走前のステイヤーズS(G2)はアルバートの出走取消があったが1番人気に応えて快勝しているのと、昨年のダイヤモンドS(G3)でも2着に好走しており、長距離重賞での実績はかなりのものと言える。
上がりの速い競馬には向かない印象なので、当日の馬場と展開に左右されそうな気がするが、今回のメンバーレベルなら何とかなりそうな気もする。
コノ馬に関しては余程の人気にならない限り印は入れることになりそう。

ヴォージュ

戦績24戦7勝 栗東・西村真幸
父ナカヤマフェスタ 母父タニノギムレット

前走は万葉S(オープン)に出走し、5番人気ながら見事逃げ切り勝ちを収めている。
その万葉Sで負かしたユーキャンスマイルが次走のダイヤモンドS(G3)で圧倒的人気で快勝しているので、前走の勝ち内容は当然評価出来ると思う。
ナカヤマフェスタ産駒らしく長距離の適性は高く、スンナリ先行出来たときはかなり粘る馬なので、そのような展開に持ち込めるかが好走のカギとなりそう。
コノ馬に関しては想定以上の人気にならなければ印は入れることになりそう。

コルコバード

戦績15戦5勝 美浦・木村哲也
父ステイゴールド 母父エンドスウィープ

前走は愛知杯(G3)に出走し、6番人気5着。
その前走は軸として狙ったが、直線で脚を使って差を詰めたものの0.2秒差という惜しい内容だった。
54キロで出走出来るのもかなり有利で、今回のメンバーレベルなら十分通用する可能性があるとみる。

ステイインシアトル

戦績13戦5勝 栗東・池江泰寿
父ステイゴールド 母父Belong to Me

前走はAJCC(G2)に出走し、6番人気8着。
一昨年の鳴尾記念(G3)を勝ち、昨年の新潟大賞典(G3)でも2着の実績があるが、2400M以上のレースは今回が初となるので、地力はかなりある馬でステイゴールド産駒というのも魅力があるが長距離の実績は無いに等しいので適性は未知数と言った感じとなる。
コノ馬に関しては想定以上に人気になるようなら敢えて軽視する感じとなりそう。

現時点での狙い馬候補

コノ馬、前走は完全に距離不足という感じにみえたので、3000Mになるのは大幅プラスとみる。
終いの脚は確実なので混戦になればなるほど、コノ馬が浮上してくるとみています。

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの南関東競馬カテゴリの3位前後に書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト


今週は春古馬G1の一戦目『大阪杯
ブラストワンピースワグネリアンキセキ
出走予定馬の名前を見ただけでもワクワクするレース!
そんな超豪華G1大阪杯の気になるデータを見つけたのでご紹介します!

◆大阪杯データ◆
【データ1】
春クラシック好走馬が強い
G1昇格後の馬券圏内6頭中4頭が3歳時の春クラシック戦で3着以内に入ったことがある馬!
3歳春の段階でいいパフォーマンスを見せていた馬が強そう。
【データ2】
若い馬の方が有利
過去10年で勝率、連対率、3着内率すべて4歳馬がトップ!

データ1.2から買いたい馬は4歳馬で去年の春クラシック好走馬。
エポカドーロ⇒皐月賞1着
ワグネリアン⇒ダービー1着



こちらは先週の的中結果。
俺の競馬さんらしくデカい配当を当てています!
G1馬が8頭も出ていてどこから買えばいいか見当がつかないレース。。。
俺の競馬さんに丸乗りして買ってみるのも全然ありだと思います。
大阪杯の予想を見に行く→(無料)
毎週無料で重賞の買い目が見れるのでお得ですね。
確認メールきたらクリックしてログイン!
はじめての方はまず無料情報でお試しください!