「中山金杯2019」「京都金杯2019」の見解【競馬予想記事】

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎でございます。

立ち上げから11年目に突入した「競馬新聞ゼロ」。

この10年間を振り返ると色々ありました。。。

ちょうど10年ぐらい前というのは、リーマンショックが起きた後ぐらいの頃で、日経平均株価の大暴落(2008年10月28日の場中最安値:6,994.90円 2009年3月10日の終値ベース最安値:7,054.98円)や超が付く円高となって、日本だけでなく世界経済が瀕死の状態だったと記憶しています。

さらにその後、東日本大震災もありましたので、思い返してみれば、立ち上げから最初の頃は馬券売上がドン底の頃で、世の中的に競馬どころではなかった時代で、あまり盛り上がっていなかった気がします。

それでも、自民党が政権に返り咲いて安倍政権になり、いわゆるアベノミクスが始まると、株価や為替は比較的安定し、完全失業率や有効求人倍率の数値も大幅に改善したためか、馬券の売上も中央・地方とも確実に改善し、徐々に活気が戻ってきた感じがします。

その間、「競馬新聞ゼロ」は立ち上げから数年は中央版の競馬新聞のみの完全無料サイトでしたが、2011年から地方競馬に対応させ、2015年頃からは有料コンテンツの配信もスタートさせるようになりました。

会員数も、立ち上げから数年はそれほど伸びませんでしたが、2015年頃から急激に増えておりまして、おかげ様で今ではソコソコ有名な競馬サイトとしてやらせて頂いてる感じとなっています。

続ければ続けるほど、会員様が増えれば増えるほどプレッシャーがきつくなっておりますが、その分やりがいも立ち上げた当初と比べれば何倍にもなっています。

「競馬新聞ゼロ」は私が死ぬまで続けるつもりですが、私が死んでも他の人に引き継ぐつもりはありませんし、そもそも他の人には出来ないものかと。。。

今後も私にしか出来ない「馬券予想」を今後も提供して参りたいと思います。

などと、新年からくだらない話をして申し訳ありません。。。

話は変わりましてお知らせなんですが、

この後22時から明日の「中山金杯」「京都金杯」に関するYoutube生放送を行います。

いつものように、私と峰岸で全出走馬の「要る」「要らない」を語る予定ですので、ぜひともご覧いただければと思います。

「競馬新聞ゼロ」 Youtubeチャンネル
⇒ https://www.youtube.com/channel/UCBDdRc7wovawI90dAvSsIhg

ということで、前置きがかなり長くなりましたが、本題の明日の「F式」重賞予想、「中山金杯(G3)」「京都金杯(G3)」の見解に行きたいと思います。

まずは「中山金杯」の見解から行きます。

参考として「中山金杯」のアドバンス指数をご覧下さい。

中山金杯2019のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 A馬 22.0%
2 ?????? 13.3%
3 ?????? 11.1%
4 ?????? 9.4%
5 マウントゴールド 7.9%
6 タイムフライヤー 6.8%
7 ストロングタイタン 6.3%
8 サンマルティン 5.6%
9 ウインブライト 3.9%
10 ナスノセイカン 3.0%
11 ステイフーリッシュ 2.4%
12 マイネルハニー 2.2%
13 ヤングマンパワー 1.9%
14 タニノフランケル 1.9%
15 ブラックバゴ 1.6%
16 マイネルサージュ 0.7%

A馬の名前はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの3位前後に書いてあります。

中山金杯2019 netkeiba予想オッズの上位人気

1 マウントゴールド 3.5
2 ステイフーリッシュ 3.8
3 タイムフライヤー 5.9
4 エアアンセム 7.2
5 コズミックフォース 7.8
6 ウインブライト 8.9
7 アドマイヤリード 13.7

netkeibaの予想オッズでは、マウントゴールドが3.5倍で1番人気。

続いてステイフーリッシュ、タイムフライヤー、エアアンセム、コズミックフォース、ウインブライトまでが10倍未満のオッズとなっている。

上位人気はかなり割れ気味で、明け4歳馬のステイフーリッシュやタイムフライヤー、コズミックフォースではなく、netkeibaでは明け6歳馬のマウントゴールドが1番人気になっているが、他の競馬情報サイトの予想オッズでもマウントゴールドが1番人気になっているところが多い。

中山金杯2019 展開予想

展開はタニノフランケル、マイネルハニー、マウントゴールド辺りが前に行きそうな馬の候補だが、マイネルハニーはここのところ前に行けない競馬が続いている。

そうなると、最内枠を引いたタニノフランケルがハナに行く可能性が高そうに思えるが、陣営コメントが「前走2番手でも勝てたのは収穫」という感じなので、無理には行かない可能性もある。

マイネルハニーは前走スタートで躓いて行けなかったが、本質的には行かないとどうにもならないタイプということもあり、今回はさすがにハナを獲りに行くのではと思える。

人気処の位置取りは、マウントゴールドが好位の2~3番手、中団より前にコズミックフォース、エアアンセム、ステイフーリッシュ、ウインブライト辺りまでが固まりそうで、タイムフライヤーやアドマイヤリードは中団よりも後方寄りのポジションとなりそう。

マイネルハニーが先手を獲りきれたと想定した場合、前半1000M通過は60秒を切るぐらいのペースになると予想。

中山金杯2019 見解

さて、今年の中山金杯は明け4歳馬のタイムフライヤー辺りが人気になるとみていましたが、どうやら同じ明け4歳馬でもステイフーリッシュやコズミックフォースなども人気を集めそうな感じとなりそうです。

やはり、暮れの有馬記念や東京大賞典を3歳馬(明け4歳馬)が制しましたので、馬券ファン全体の意識が明け4歳馬に偏っている気配があります。

昨年暮れにアップしたブログの記事やYoutubeの動画では、A馬を推奨しましたが、期待勝率22.0%で指数順位は堂々の1位となっています。

素直にA馬を軸としても全く問題ないのですが、もう1頭かなり気になる馬がいます。

そこで、このレースは当初の予定通りのA馬か、気になるもう1頭の何れかを軸とする馬券を組みたいと思います。

気になるもう1頭がどの馬なのか、そして、どちらを軸にするかに関しては、この後のYotube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

続いて「京都金杯」の見解に行きます。

参考として「京都金杯」のアドバンス指数をご覧下さい。

京都金杯2019のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 B馬 33.9%
2 C馬 15.9%
3 D馬 15.1%
4 ?????? 7.5%
5 グァンチャーレ 7.4%
6 ロードクエスト 3.8%
7 ヒーズインラブ 3.2%
8 トゥラヴェスーラ 2.7%
9 ミエノサクシード 2.5%
10 アサクサゲンキ 2.4%
11 マイスタイル 2.3%
12 ストーミーシー 1.2%
13 リライアブルエース 0.6%
14 ゴールドサーベラス 0.5%
15 バリス 0.4%
16 スマートオーディン 0.3%
17 ツーエムマイスター 0.2%

B馬、C馬、D馬の名前はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの3位前後に書いてあります。

京都金杯2019 netkeiba予想オッズの上位人気

1 パクスアメリカーナ 2.2
2 サラキア 3.8
3 カツジ 4.8
4 グァンチャーレ 6.5
5 ロードクエスト 12.1
6 アドマイヤアルバ 18.2

netkeibaの予想オッズでは、パクスアメリカーナが2.2倍で1番人気。

続いてサラキア、カツジ、グァンチャーレまでが10倍未満のオッズとなっている。

こちらは戦前の予想通りパクスアメリカーナが人気を集めており、他の競馬情報サイトの予想オッズも大体同じようなオッズとなっているところが多い。

京都金杯2019 展開予想

展開は外枠に入ったが、ツーエムマイスターかマイスタイルのどちらかがハナに行くと思われる。

テンのダッシュ力から余程のことが無い限りツーエムマイスターのほうがハナを獲りきる可能性が高い筈。

人気処の位置取りはグァンチャーレが好位の3列目付近、パクスアメリカーナやサラキアは中団よりやや後方、カツジはさらにそれよりも後方寄りのポジションとなりそう。

ツーエムマイスターが順当に逃げると想定した場合、600M通過は34秒台、1000M通過は58~59秒台のペースになると予想。

京都金杯2019 見解

さて、京都金杯のほうは中山金杯と比べて、頭数が多い割に人気馬にオッズが偏る感じとなりそうです。

昨年暮れにアップしたブログの記事やYoutubeの動画では、人気でもB馬で仕方ないという感じで推奨しましたが、やはり期待勝率33.9%で少し抜けた指数順位1位となっています。

しかし、B馬は開幕週の京都芝コースで外枠のほうに入ったというのは微妙な感じがします。

となると、内枠に入った指数順位2位のC馬や3位のD馬が期待勝率15%台なら、こちらのほうが狙いが立ちそうな感じもします。

そこで、このレースは当初の予定通りのB馬で行くか、それとも内枠のC馬かD馬のどちらかを軸とする馬券を組みたいと思います。

どの馬を軸にするかに関してはYoutube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

最終的な結論としての印や買い目、軸馬推奨理由コメントなどは、ライト会員以上の方は別途、明日の午前中までにメールを送らせて頂きます。

そして、今年最初の「F式」対象全鞍のラインナップは「激熱」3鞍、「万券予告」1鞍の合計4鞍となっています。

「F式」厳選1鞍の対象レースは、明日は「激熱」の1鞍目から行く予定ですが、最終的に絞った買い目については明日の午前中までに配信させて頂きます。

最後に・・・

「競馬新聞ゼロ」の有料コンテンツを無制限でご利用可能な「プレミアム会員」のお試し1週間登録のライセンスは、通常料金は1,980円となりますが、下記の割引クーポンコードを申込時にご入力頂くと、1,480円にてご利用出来ますので、是非ともご利用下さいませ!

「割引クーポンコード」: K0m5XOxztd

プレミアム会員のお試し1週間登録はコチラから出来ます。
⇒ https://s.keiba0.com/otameshi_premium

今年最初の週でロケットスタートを決めたいと思いますので、是非ともご期待下さい!

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】エリーの重賞おすすめ馬【根岸S編】

27日(日)はフェブラリーSの前哨戦『根岸ステークス
去年のダート界に現れた新星ルヴァンスレーヴがフェブラリーS回避。王者不在のG1でどの馬が勝つのか混沌としてきましたね。根岸Sが直結しそうな気がするのでしっかり分析して根岸&フェブラリーダブル的中を目指しましょう。

エリー推奨馬
本命馬サンライズノヴァ
前走G1のチャンピオンズCこそ6着と馬券圏外に負けたが、その前3走は東京コースで重賞含む3連勝。去年のこのレースも2着、フェブラリーSも4着ならコース実績がずば抜けている。
穴馬クインズサターン
今年の根岸S出走予定馬に距離短縮組が少なかったので穴推奨はこの馬で。東京コースは秋嶺S勝ちや武蔵野S2着など相性が良い。重賞でたびたび馬券に絡んでくるので侮れない。

エリーはダート戦の成績があまり良くなくてちょっと自分の予想だけでは心もとない。。そこで参考にしたいのが競馬大陸さんの『利益直結馬』ホントに嘘みたいに次々と当てていてびっくりなんです!



昨年の秋ダートG1もご覧の的中実績!堅いレースは本命馬で。荒れたレースも利益穴馬で拾っていて万馬券的中!このダート路線の力関係を把握されてるので信頼度絶大です!
利益直結馬はコチラから!

自分で予想した馬とここの買い目を組み合わせて的中目指します!
競馬大陸の穴馬を見に行く!
メール登録して確認メールをクリック!