「有馬記念2018」の見解【競馬予想記事】

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎でございます。

本日の馬券の成果は如何だったでしょうか?

本日の「F式」対象全鞍は4鞍の公開で3鞍が的中という結果でしたが、好配当と呼べる的中には結びつきませんでした。

しかしながら、今日の競馬で中山・阪神の馬場傾向はかなり把握できましたので、明日の有馬記念当日は好配当を連発させたいと思います!

ということで早速ですが、本題の明日の「F式」重賞予想、「有馬記念」の見解に行きたいと思います。

まずは参考として「有馬記念」のアドバンス指数をご覧下さい。

有馬記念2018のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 A馬 23.2%
2 B馬 14.9%
3 C馬 12.3%
4 D馬 11.5%
5 サトノダイヤモンド 7.6%
6 ミッキーロケット 5.8%
7 シュヴァルグラン 5.6%
8 マカヒキ 5.5%
9 パフォーマプロミス 3.6%
10 ミッキースワロー 3.5%
11 スマートレイアー 2.4%
12 クリンチャー 1.9%
13 サクラアンプルール 0.8%
14 サウンズオブアース 0.8%
15 オジュウチョウサン 0.4%
16 リッジマン 0.3%

A馬、B馬、C馬、D馬の名前はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの57位前後に書いてあります。

有馬記念2018 前日19時00分現在の単勝人気上位

1 レイデオロ 2.4
2 オジュウチョウサン 6.5
3 キセキ 6.7
4 ブラストワンピース 9.5
5 モズカッチャン 10.1
6 サトノダイヤモンド 15.4

人気はこの時点ではレイデオロが2.4倍の1番人気。

続いてオジュウチョウサン、キセキ、ブラストワンピースまでが10倍未満のオッズとなっている。

1番枠を引き当てたオジュウチョウサンが単勝だけではなく、それ以外の券種でも思っていた以上に売れており、実質5番人気前後になりそうな売れ方となっている。

それとは逆に、外枠に入ったシュヴァルグランが想定の半分以下ぐらいの票しか入っていない。

ここまで枠順によって売れ方が偏る有馬記念は記憶になく、さすがにレース直前にかけて適性オッズへの揺り戻しはあると思うが。。。

有馬記念2018 展開予想

展開はキセキやクリンチャー、場合によってはオジュウチョウサンも前に行きそうだが、余程のことが無い限り外枠でもキセキがダッシュの違いでハナを獲りきるとみる。

人気処の位置取りはサトノダイヤモンドが好位3列目付近、モズカッチャンはそれより1列後ろの内目、その外目にブラストワンピース、レイデオロは中団よりも後方寄りのポジションとなりそう。

キセキが逃げると想定した場合、最初の1000Mはスローでも3コーナー手前では早めにペースを上げてくると思うので、ゴール前はスタミナとキレの両方が問われる底力勝負になるとみる。

有馬記念2018 見解

さて、平成最後の今年の有馬記念はオジュウチョウサンの参戦や人気が予想された馬が外枠に固まるなど、波乱要素が満載で馬券屋にとっては予想冥利に尽きるレースとなりそうです。

考慮すべきポイントは多岐にわたりますが、重視すべきポイントがズレてしまえば、いくら予想に時間をかけても全くの無駄に終わります。

昨日のメルマガで考慮すべきポイントを4つ挙げましたが、外国人騎手のことやノーザンファームのことは今更誰でも認識していることだと思います。

そして、有馬記念はその年の傾向の答え合わせとも述べました。

私の今年の集大成としての有馬記念予想は、まだ世間的には認識が固まり切れていないポイントを最重視したいと思います。

週始めのブログ記事とYoutube動画を作成していた段階では、軸としてはレイデオロ、穴としてモズカッチャンを挙げていましたが、レイデオロは指数順位1位でも期待勝率は思っていたほどの数値は出ず、モズカッチャンも枠による売れ方が想定以上に偏りそうで、実質3番人気ぐらいになる馬を穴としては推奨出来ません。

そこで、今年の有馬記念は当初の予定を変更し、レイデオロやモズカッチャン以外の馬を軸とした馬券を組みたいと思っています。

どの馬を軸にするかについては、この後のYoutube生放送で深くお話したいと思います。

印や買い目、軸推奨理由などの最終結論は、ライト会員以上の方は別途、明日の午前中までにメールを送らせて頂きます。

また、明日の「F式」対象全鞍のラインナップは「激熱」4鞍となっています。

「F式」厳選1鞍の対象レースは、明日は「激熱」の2鞍目から行く予定ですが、最終的に絞った買い目については明日の午前中までに配信させて頂きます。

最後に・・・

この後22時から「有馬記念」に関するYoutube生放送を行いますので、是非ご覧いただければと思います。

また、明日の「有馬記念」当日の14時半ぐらいから「超直前生放送」も行う予定でおりますので、こちらも是非ともご覧ください。

「競馬新聞ゼロ」 Youtubeチャンネル
⇒ https://www.youtube.com/channel/UCBDdRc7wovawI90dAvSsIhg

明日も、どうかご期待ください!

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト


開幕週だからこそ錯綜する思惑。
ー不確定要素を避けたい陣営ー
開催地が切り替わるタイミングは調教師、厩舎にとって非常に重要なポイント
フラットな馬場状態、開催が進めば進むほど馬場は荒れていく。。
ー勝負になる馬は数頭だけ?ー
本来の能力を発揮できる開幕週に「必ず勝たせたい馬」をぶつけてくる。
が、ライバル厩舎の動向に注視し実力馬同士の潰しあいを避ける事もある。
ー適正重視の舞台で精度上昇ー
心身両面での個性や特性は「適正」と言われ、適正は時に弱点にもつながるため、中京競馬に照準を合わせた陣営を割り出す事は馬券の勝率を引き出すファクター。
2018年G1優勝馬の生産者及びレース前の放牧先外厩舎の一覧→クリック

それぞれのベクトルが指し示す思惑。
直近重賞の的中実績
日経新春杯105.3倍/フェアリーS547.4倍/シンザン記念1129倍

季節の変わり目、開催地の変わり目、トレセン班はもう中京情報を血眼で仕入れてます。
メルマガ購読必須。トレセン班が追いかける馬がきてます。
中京競馬最新情報を見る