【ターコイズステークス2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

2018年12月15日(土)に行われる「ターコイズステークス2018」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

「ターコイズステークス」は中山芝1600Mで行われる牝馬限定のG3のハンデ重賞ですが、オープン特別だった時代が長く、重賞に格上げされてから今年で4回目となります。

重賞になったのが最近なので過去3年分のデータですが、1番人気馬の戦績は1-0-0-2、勝率33%、連対率33%、複勝率33%。3年前の第1回は1~3着が全て二桁人気の馬が入るなど、牝馬のハンデ重賞らしく過去3年分のデータでもかなり荒れる傾向となっています。

ターコイズステークス2018 出走予定馬

登録馬は以下の20頭となっています。

馬名 性齢 調教師
アイライン 牝6 (美)高橋裕
アンコールプリュ 牝3 (栗)友道康夫
カイザーバル 牝5 (栗)中竹和也
カワキタエンカ 牝4 (栗)浜田多実
キョウワゼノビア 牝5 (栗)角田晃一
クリノラホール 牝5 (栗)谷潔
ディメンシオン 牝4 (栗)藤原英昭
デンコウアンジュ 牝5 (栗)荒川義之
ハーレムライン 牝3 (美)田中清隆
フローレスマジック 牝4 (美)木村哲也
フロンテアクイーン 牝5 (美)国枝栄
プリモシーン 牝3 (美)木村哲也
ベルーガ 牝3 (栗)中内田充
ミエノサクシード 牝5 (栗)高橋亮
ミスパンテール 牝4 (栗)昆貢
メサルティム 牝3 (栗)荒川義之
リエノテソーロ 牝4 (美)武井亮
リナーテ 牝4 (栗)須貝尚介
リバティハイツ 牝3 (栗)高野友和
レッドオルガ 牝4 (栗)藤原英昭

予想オッズ

1 プリモシーン 4.6
2 フロンテアクイーン 5.0
3 フローレスマジック 6.4
4 ディメンシオン 6.6
5 ベルーガ 8.8
6 カイザーバル 9.4
7 ミエノサクシード 10.8
8 レッドオルガ 11.3

予想オッズ上位人気馬の見解

プリモシーン

戦績7戦3勝 美浦・木村哲也
父ディープインパクト 母父Fastnet Rock

前走は秋華賞(G1)に出走し、6番人気7着。
1月にフェアリーS(G3)を勝ち、8月に関屋記念(G3)を勝っているので重賞は2勝している。
G1では力を出し切れずに凡走しているが、牝馬限定のハンデ重賞なら相手関係はかなり楽とも言える。
恐らくある程度の人気にはなると思うが、それほど抜けた人気にはならないとは思う。

フロンテアクイーン

戦績23戦2勝 美浦・国枝栄
父メイショウサムソン 母父サンデーサイレンス

前走はエリザベス女王杯(G1)に出走し、7馬人気7着。
未だ2勝馬だが、重賞での2着は5回、3着も2回ある。
芝の1800M以下ではほとんど崩れておらず、相手関係も今回はかなり楽になるので、ハンデ次第ではかなり有力な1頭になる筈。

フローレスマジック

戦績14戦4勝 美浦・木村哲也
父ディープインパクト 母父Storm Cat

前走は京都芝1600Mの清水S(1600万下)に出走し、1番人気に応えて見事1着。
これまで重賞はアルテミスS(G3)2着、クイーンC(G3)3着、フローラS(G2)3着などがあるので、久々のオープンでも問題は無さそう。
中山芝コースもこれまで4回走って2-1-1-0とかなり得意。
木村哲也厩舎がコノ馬とプリモシーンの2頭登録しているが、こちらもかなり有力と言える。

ディメンシオン

戦績9戦5勝 栗東・藤原英昭
父ディープインパクト 母父Montjeu

前走は京都芝1800MのトルマリンS(1600万下)に出走し、1番人気に応えて快勝。
未だキャリア9戦ながら現在3連中ということで勢いは感じるが、3連勝は3戦とも牝馬限定戦。
未だ底をみせていない魅力は感じるが、ディープインパクト産駒ということで人気になり過ぎるなら敢えて軽視したい。

ベルーガ

戦績3戦2勝 栗東・中内田充正
父キンシャサノキセキ 母父Kris S.

前走は約1年振りのレースで新潟芝1400Mの信越S(オープン)に出走し、3番人気3着。
休養前の2歳時にファンタジーS(G3)を直線一気の追込み勝ちをしている馬で、素質はかなり高い馬だとは思う。
しかし、血統や走りっぷりからみて中山のマイルが合いそうな感じがしない。
コノ馬も人気になり過ぎるようなら軽視したい1頭。

カイザーバル

戦績19戦5勝 栗東・中竹和也
父エンパイアメーカー 母父サンデーサイレンス

前走は京都芝1400Mの渡月橋S(1600万下)に出走し、2番人気1着。
3歳時にローズS(G2)3着、秋華賞(G1)3着の実績があるが、重賞はそれ以来の出走となる。
4歳以降はマイル前後の距離を使われていたが、ここ2戦の連勝は1400Mで挙げている。
掛かりグセがあるので、距離延長はあまり良い材料とは思えないが、3歳時の実績からすれば通用しても全く不思議はないか。

ミエノサクシード

戦績23戦6勝 栗東・高橋亮
父ステイゴールド 母父A.P. Indy

前走は阪神芝1600MのポートアイランドS(オープン)に出走し、1番人気に応えて見事1着。
これまで重賞は今年4月の阪神牝馬S(G2)6着や6月のマーメイドS(G3)の3着などがある。
相手なりに走れるタイプという印象の馬だったが、徐々に力をつけて牡馬相手のオープン特別なら勝ち負け出来るレベルにまで達している。
地味なのでそれほど人気にならないタイプだが地力は確かなので、ハンデ次第では積極的に狙ってみたい。

レッドオルガ

戦績10戦5勝 栗東・藤原英昭
父ディープインパクト 母父ダンシングブレーヴ

前走は東京芝1600Mの紅葉S(1600万下)に出走し、2番人気1着。
母エリモピクシーということで、とにかくコノ馬の兄弟は走る。
オープンへの昇級初戦でいきなり重賞挑戦となるが、同じディープインパクト産駒のディメンシオンとは違いコノ馬は牡馬混合の準オープンを2回勝っているので、こちらのほうが評価は上。
なので、コノ馬に関しては印は必ず入れたいと思っている。

現時点での狙い馬候補

コノ馬は今回と同距離同コースの重賞も勝っていますし、今回のメンバー相手なら普通に立ち回ればアッサリ勝てる筈です。
人気にはなると思いますが、逆らわずに行くつもりです。

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの8位前後に書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト


永続的に高い利益率を実現した最新ロジック
匠の技×最高のIT技術×投資のノウハウをお届け!

▼今週の特注重賞情報▼
1月20日(日)中山11R「アメリカJCC(G2)」

☆先週の的中実績☆


勝てない競馬はもうやめにしませんか?

アメリカJCC含めた無料情報を見る
確認メールきたらクリックしてログイン!無料買い目は週末のメルマガで!