【ステイヤーズステークス2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

2018年12月1日(土)に行われる「ステイヤーズステークス2018」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

今年で52回目を迎える「ステイヤーズステークス」は中山芝3600Mで行われるG2の重賞です。

その名の如く平地で行われる重賞としては最長距離のレースとなりますが、このレースを3連覇中のアルバートが中央競馬では初の平地の同一重賞4連覇がかかっています。
ステイヤーズステークスの過去10年の1番人気馬の戦績は5-1-1-3、勝率50%、連対率60%、複勝率70%ということですが、このうち3年分はアルバートの1番人気による1着が大きく寄与していますが、それでも1番人気馬信頼度はそれなりに良いレースだと言えます。

ステイヤーズステークス2018 出走予定馬

登録馬は以下の15頭となっています。

馬名 性齢 斤量 調教師
アドマイヤエイカン 牡5 56 (栗)須貝尚介
アルター セ6 56 (美)古賀慎明
アルバート 牡7 57 (美)堀宣行
エリモジパング 牡8 56 (美)中野栄治
カレンラストショー 牡6 56 (栗)橋口慎介
コウキチョウサン 牡5 56 (美)和田正一
トウシンモンステラ 牡8 56 (栗)村山明
ネイチャーレット 牡5 56 (美)根本康広
マイネルミラノ 牡8 56 (美)相沢郁
マサハヤダイヤ 牡5 56 (栗)今野貞一
メドウラーク 牡7 56 (栗)橋田満
モンドインテロ 牡6 56 (美)手塚貴久
ララエクラテール 牡6 56 (栗)今野貞一
リッジマン 牡5 56 (栗)庄野靖志
ヴォージュ 牡5 56 (栗)西村真幸

予想オッズ

1 アルバート 1.9
2 アドマイヤエイカン 9.4
3 リッジマン 11.1
4 ヴォージュ 25.7
5 モンドインテロ 31.5

予想オッズ上位人気馬の見解

アルバート

戦績32戦9勝 美浦・堀宜行
父アドマイヤドン 母父ダンスインザダーク

前走はアルゼンチン共和国杯(G2)に出走し、7番人気10着。
このステイヤーズSは3連覇中で、今回勝てば中央の平地重賞4連覇の偉業達成ということになる。
過去3回はムーア騎手で勝ったが、今回はモレイラ騎手とのことだが、2走前の京都大賞典(G2)でモレイラ騎手とのコンビで3着に好走しているので、全く問題は無さそう。
既に7歳馬ということで明らかに衰えてはいるものの、他のメンバーが手薄と言えるので、4連覇の可能性は十分あると思える。

アドマイヤエイカン

戦績16戦4勝 栗東・須貝尚介
父ハーツクライ 母父フレンチデピュティ

前走は京都芝2400Mの古都S(1600万下)に出走し、1番人気に応えて快勝。
2歳時に札幌2歳S(G3)を勝っている馬だが、その後はなかなか勝ち鞍が挙げられず、長期の休養などもあり一旦は1000万条件まで降級していた。
今年の1月に1年3カ月振りに出走した1000万下でいきなり勝ち、その後はしばらく勝てなかったが、前走でようやく勝ってオープンに復帰している。
一時のスランプは脱出したとは思うが、3600Mの長距離重賞となると通用するかは微妙な感じもする。
それでも他のメンバーもアルバート以外は大したことがないので、調子の良さを活かして好走する可能性も十分ありそう。

リッジマン

戦績24戦5勝 栗東・庄野靖志
父スウェプトオーヴァーボード 母父Caerleon

前走は札幌芝2600Mの丹頂S(オープン)に出走し、5番人気だったが52キロの軽ハンデを活かし快勝している。
今年2月のダイヤモンドS(G3)で5番人気で2着に入っており、距離は長ければ長いほど良さそうなタイプと言える。
小柄だが、如何にもマラソンランナーという感じの馬だと思うので、厳しい流れになればなるほど浮上してくる筈。
人気になり辛いタイプだと思うので、常に妙味が発生する馬とも言える。

ヴォージュ

戦績22戦6勝 栗東・西村真幸
父ナカヤマフェスタ 母父タニノギムレット

前走はアルゼンチン共和国杯(G2)に出走し、10番人気7着。
3走前に札幌日経賞(オープン)を勝っており、長距離の適性は示しているが、前走のような上がり33秒前半というようなレースは明らかに向いていない。
ナカヤマフェスタ産駒で長距離の適性はやはり高いと思えるので、ここは巻き返す可能性は十分あると思える。

モンドインテロ

戦績25戦7勝 美浦・手塚貴久
父ディープインパクト 母父ブライアンズタイム

前走は京都大賞典(G2)に出走し、9番人気9着。
これまで札幌日経オープン連覇などオープン特別は3勝しているが、重賞では一昨年のステイヤーズS(G2)3着と昨年の日経新春杯(G2)3着があるぐらい。
昨年の夏以降は掲示板が精一杯のレースが続いており、ピークは完全に過ぎたか。
外国人騎手の騎乗である程度人気になるようなら、敢えて軽視したい馬とも思える。

現時点での狙い馬候補

2~3歳時は比較的短い距離を使われていましたが、4歳以降は長めの距離にシフトして素質が開花した馬です。
上がりが掛かる馬場のほうが適性は高いので開幕週の馬場は向かないかも知れませんが、タフな流れになれば必ず浮上してくるとみています。

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの7位前後に書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】~るい先生の穴馬考察~有馬記念編~

今週末の有馬記念に向けて
●JCの走破タイムに注目!!●中山の実績ある馬に警戒!!
そして自称穴師るいの厳選2頭がコレです。

るいの穴馬★:ミッキーロケット
→渋太い脚が持ち味で、キセキが作る淀みない流れなら得意のロングスパートが生きそう。宝塚記念に続くグランプリ制覇の可能性十分ある。
るいの穴馬★:パフォーマプロミス
→今年G2を2勝している実力馬。中山2500メートルで勝ち星を挙げているようにコース適性もある。クリスチャンデムーロ騎手の積極的な騎乗にも期待したい。
さあ穴から決めていくこの新予想法!レース前に実は穴の答え合わせをしてるので今回は一緒に検証してみましょう。

たまたまなのですが15日にとんでもない3連単的中してたんです。
葉牡丹賞、北総ステークス、市川ステークス、東スポ杯2歳S59万
そしてこの舞浜特別43万、ターコイズS69万合わせて100万超え!
なんでここを見てるかと言うと・・・
全然4月頃3連単当たらなくたまたま見たサイトで4月の月末青葉賞見たまま買ったら3連単10万超えたのでここの穴馬を見るようになったんです。ちょっと今年ここの出す馬番は熱いです。
ミッキーロケットなど2頭をいつも自己分析!からの穴馬をここで答え合わせし、有馬もこの2頭入ってたら・・・もうお年玉前借りで厚く張ります。この3連単無双で無料予想なのでちょっと嬉しいですね。
無料で有馬記念穴馬を見に行く!!