【東京スポーツ杯2歳ステークス2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

2018年11月17日(土)に行われる「東京スポーツ杯2歳ステークス2018」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

今年で23回目を迎える「東京スポーツ杯2歳ステークス」は東京芝1800Mで行われる2歳限定のG3重賞です。

このレースの勝ち馬は後に大物となる例が多く、昨年の勝ち馬ワグネリアンはご存知の通り今年の日本ダービーを勝ちました。
その他にもここ最近の勝ち馬で後にG1を勝った馬を挙げると、ナカヤマフェスタ(宝塚記念)、ローズキングダム(朝日杯FS、ジャパンカップ)、サダムパテック(マイルCS)、ディープブリランテ(日本ダービー)、イスラボニータ(皐月賞)、サトノクラウン(香港ヴァーズ、宝塚記念)など、過去10年の勝ち馬のうち7頭が後にG1ホースとなっています。
また、このレースの過去10年の1番人気馬の戦績は5-2-1-2、勝率50%、連対率70%、複勝率80%ということで、やはり好素質馬が出走するレースということからか1番人気馬の信頼度はかなり高いレースとなっています。

東京スポーツ杯2歳ステークス2018 出走予定馬

登録馬は以下の17頭となっています。

馬名 性齢 斤量 調教師
アガラス 牡2 55 (美)古賀慎明
アドマイヤスコール 牡2 55 (美)加藤征弘
カテドラル 牡2 55 (栗)池添学
クリノガウディー 牡2 55 (栗)藤沢則雄
ゴータイミング 牡2 55 (栗)松永幹夫
ダノンラスター 牡2 55 (美)堀宣行
トーセンギムレット 牡2 55 (美)萱野浩二
トーラスジェミニ 牡2 55 (美)小桧山悟
ナイママ 牡2 55 [地]田部和則
ニシノデイジー 牡2 55 (美)高木登
ハクサンタイヨウ 牡2 55 (美)浅野洋一
ホウオウサーベル 牡2 55 (美)奥村武
メイスンハナフブキ 牝2 54 (美)小島茂之
ラバストーン 牡2 55 (美)大江原哲
ルヴォルグ 牡2 55 (美)藤沢和雄
ヴァンドギャルド 牡2 55 (栗)藤原英昭
ヴェロックス 牡2 55 (栗)中内田充

予想オッズ

1 カテドラル 2.7
2 ヴェロックス 3.9
3 ホウオウサーベル 6.2
4 ルヴォルグ 6.7
5 ニシノデイジー 10.6

予想オッズ上位人気馬の見解

カテドラル

戦績2戦2勝 栗東・池添学
父ハーツクライ 母父Rock of Gibraltar

前走は阪神芝1800Mの野路菊S(オープン)に出走し、2番人気だったがヴェロックスとの一騎打ちを制して見事勝利。
ハーツクライ産駒だが半兄にダートのエルムSを勝ったジュベルムーサがいる血統なのだが、タイプ的にはジュベルムーサとは違うもののまだまだ奥はありそうな感じがする。
血統的にかなりの評判馬が集まった新馬戦を勝っていて、その新馬戦のメンバーがその後順調に勝ち上がっているところをみると、コノ馬がどれだけ素質が高いのかというのを感じる。
かなりの好素質馬が相手になるが、コノ馬は桁が違う大物という雰囲気を感じるので今回もアッサリ勝ってしまう気がする。

ヴェロックス

戦績2戦1勝 栗東・中内田充正
ジャスタウェイ 母父Monsun

前走はカテドラルと同じく野路菊S(オープン)に出走し、こちらが1番人気だったがカテドラルを捕らえきれず2着。
その前走は直線に向く時の勢いと手応えからカテドラルを捕まえられる感じにみえたが、カテドラルの勢いも全く衰えず結局は半馬身差で敗れている。
小倉の新馬戦を大楽勝したとのをみたときはかなりのスケール感を感じたので、コノ馬も素質が相当高いのは間違いないのだが、前走は相手が悪かったのかも知れない。
前走もあれだけスローペースでありながら3着馬には3馬身差を付けているところからも、コノ馬も有力な1頭には間違いない。

ホウオウサーベル

戦績1戦1勝 美浦・奥村武
父ハーツクライ 母父Acatenango

前走は新潟芝1800Mの新馬戦を1分48秒4の好タイムで1番人気に応えて快勝。
その前走は上がり33.8秒の脚で2着に3馬身半差を付けており、コノ馬も素質はかなり高そう。
新潟の新馬戦なのでメンバーレベルが微妙なのかも知れないが、半姉に紫苑S(G3)を勝ったビッシュがいるのでこれからの成長も期待は出来そうで、他の好素質馬との差はあまりないとみる。

ルヴォルグ

戦績1戦1勝 美浦・藤沢和雄
父ディープインパクト 母父Kitten’s Joy

前走は東京芝1800Mの新馬戦を1分49秒5のタイムで1番人気に応えて快勝。
その新馬戦は2着に4馬身差を付けたが、残り50Mぐらいで既に4馬身ぐらいの差は付けていて鞍上のルメールも何度も後ろを確認する余裕をみせておりゴール直前は完全に抑えていたので、着差以上の強さを感じる。
如何にも切れるディープ産駒というイメージでコノ馬もかなり素質が高そうで、相手も好素質馬ばかりだが、当然コノ馬も通用する可能性はあると思う。

ニシノデイジー

戦績3戦2勝 美浦・高木登
父ハービンジャー 母父アグネスタキオン

前走は札幌2歳S(G3)に出走し、6番人気ながら見事1着。
過去3戦は全て1800Mということで、距離の適性は間違いないところか。
唯一の重賞ウィナーながらこれだけ好素質馬が集まるとかなり影が薄くなりそうな感じがするが、馬場が荒れてタフな流れになれば確実に浮上してくるのはコノ馬だと思われる。

現時点での狙い馬候補

前走の前半は多少行きたがりながらも途中からはシッカリ折り合いがつき、直線の追い比べもどこまで行っても負けそうにない強さを感じました。
現時点の完成度もかなり高いと思いますが、伸びしろもかなりある馬だと思います。
人気になる可能性が高い馬ですが、他の好素質馬とは別次元の才能を感じます。

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの7位前後に書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】~るい先生の穴馬考察~有馬記念編~

今週末の有馬記念に向けて
●JCの走破タイムに注目!!●中山の実績ある馬に警戒!!
そして自称穴師るいの厳選2頭がコレです。

るいの穴馬★:ミッキーロケット
→渋太い脚が持ち味で、キセキが作る淀みない流れなら得意のロングスパートが生きそう。宝塚記念に続くグランプリ制覇の可能性十分ある。
るいの穴馬★:パフォーマプロミス
→今年G2を2勝している実力馬。中山2500メートルで勝ち星を挙げているようにコース適性もある。クリスチャンデムーロ騎手の積極的な騎乗にも期待したい。
さあ穴から決めていくこの新予想法!レース前に実は穴の答え合わせをしてるので今回は一緒に検証してみましょう。

たまたまなのですが15日にとんでもない3連単的中してたんです。
葉牡丹賞、北総ステークス、市川ステークス、東スポ杯2歳S59万
そしてこの舞浜特別43万、ターコイズS69万合わせて100万超え!
なんでここを見てるかと言うと・・・
全然4月頃3連単当たらなくたまたま見たサイトで4月の月末青葉賞見たまま買ったら3連単10万超えたのでここの穴馬を見るようになったんです。ちょっと今年ここの出す馬番は熱いです。
ミッキーロケットなど2頭をいつも自己分析!からの穴馬をここで答え合わせし、有馬もこの2頭入ってたら・・・もうお年玉前借りで厚く張ります。この3連単無双で無料予想なのでちょっと嬉しいですね。
無料で有馬記念穴馬を見に行く!!