【JBCクラシック2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

2018年11月4日(日)に行われる「JBCクラシック2018」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

JBC競走はこれまで地方競馬が毎年持ち回りで実施していましたが、今年は初めてJRAの競馬場で行われることになります。

JBCクラシック(Jpn1)は基本的にダート2000Mで行われますが、(年によっては競馬場のコースの都合で他の距離で行われたこともある)今年は京都ダート1900Mで行います。

過去10年の1番人気馬の戦績は4-2-2-2、勝率40%、連対率60%、複勝率80%ということで、1番人気馬の信頼度は高いと言えますが、意外にもJBCスプリントの1番人気馬よりややや劣っています。

【PR】今週の無料勝負3連複レース【決定】

JBCクラシック2018 出走予定馬

登録馬は以下の18頭となっています。

馬名 性齢 斤量 調教師
アスカノロマン 牡7 57 (栗)川村禎彦
アポロケンタッキー 牡6 57 (栗)山内研二
オールブラッシュ 牡6 57 (栗)村山明
オメガパフューム 牡3 55 (栗)安田翔伍
カツゲキキトキト 牡5 57 [地]錦見勇夫
クリソライト 牡8 57 (栗)音無秀孝
ケイティブレイブ 牡5 57 (栗)杉山晴紀
サウンドトゥルー セ8 57 (美)高木登
サンライズソア 牡4 57 (栗)河内洋
シュテルングランツ 牡7 57 [地]小久保智
センチュリオン 牡6 57 (美)田村康仁
タガノゴールド 牡7 57 [地]新子雅司
テーオーエナジー 牡3 55 (栗)宮徹
テイエムジンソク 牡6 57 (栗)木原一良
ノンコノユメ セ6 57 (美)加藤征弘
パルトネルラーフ 牡5 57 (美)高木登
マイネルバサラ 牡5 57 (美)松山将樹
ミツバ 牡6 57 (栗)加用正

予想オッズ

1 ケイティブレイブ 3.2
2 オメガパフューム 3.8
3 サンライズソア 4.1
4 アポロケンタッキー 7.5
5 サウンドトゥルー 13.7
6 ノンコノユメ 14.4
7 テイエムジンソク 21.4

予想オッズ上位人気馬の見解

ケイティブレイブ

戦績30戦10勝 栗東・杉山晴紀
父アドマイヤマックス 母父サクラローレル

前走は船橋の日本TV盃(G2)に出走し、1番人気に応えて見事1着。
中央でのダートG1勝ちは無いが、ダートグレードレースでは昨年の帝王賞と川崎記念でG1勝ちがある。
コパノリッキーやゴールドドリームなどのダート王者級の馬が相手だと力負けしてしまうが、それ以下の相手なら常に勝ち負けしている印象がある。
1番人気になる可能性がかなり高そうだが、如何にも押し出されて感じの1番人気という感じも強く、頭鉄板級とまでは思えない。
中央の馬場では結局500万下までしか勝ち鞍がなく、オープン特別すら勝ってないという点は大きな不安要素だと思える。
人気になり過ぎるようなら疑ってかかる手も多いにアリかと思う。

オメガパフューム

戦績6戦4勝 栗東・安田翔伍
スウェプトオーヴァーボード 母父ゴールドアリュール

前走はシリウスS(G3)に出走し、2番人気だったが1着となり、これが重賞初勝利。
2走前は大井のジャパンダートダービー(G1)に出走し、ルヴァンスレーヴから0.3秒差の2着となっている。
そのルヴァンスレーヴがマイルチャンピオンシップ南部杯(G1)で現ダート王者と言えるゴールドドリームを負かしている点から、コノ馬を含め今年の3歳ダート路線は相当なレベルにある可能性が高い。
前走はハンデ戦で53キロだったという恩恵もあったが、今回も55キロで出られるのはまだまだかなり有利と思える。
ルヴァンスレーヴに続いてコノ馬も古馬との戦いを制してタイトルを獲ったとしても驚けないか。

サンライズソア

戦績18戦5勝 栗東・河内洋
父シンボリクリスエス 母父スペシャルウィーク

前走はオメガパフュームと同じくシリウスS(G3)に出走し、トップハンデの57.5キロを背負っていたが3番人気3着。
前走のようにスンナリ先行出来るとしぶといが、3走前のブリリアントSのように後手を踏むと大負けすることがあり、戦績にはかなりムラがある。
しかし、平安Sや名古屋大賞典を勝った時のようにハナを切れたときはかなり強く、今回のメンバーならハナを切れる可能性が結構ありそうなので、今回は期待出来るかも知れない。

アポロケンタッキー

戦績28戦9勝 栗東・山内研二
父Langfuhr 母父Gone West

前走はケイティブレイブと同じく船橋の日本TV盃(G2)に出走し、モレイラが騎乗しての2番人気2着。
今回はミルコ・デムーロが乗る予定のようだが、コノ馬はかなり乗り難しい。
2年前の東京大賞典(G1)を勝っているし、昨年の日本TV盃ではケイティブレイブやサウンドトゥルーやモーニンなどを捻じ伏せているので、地力が高いのは間違いない。
デムーロはテン乗りだがコノ馬にはかなり合いそうな感じがするので、期待は出来そうな感じはする。

サウンドトゥルー

戦績50戦10勝 美浦・高木登
父フレンチデピュティ 母父フジキセキ

コノ馬も前走は船橋の日本TV盃(G2)に出走し、3番人気3着。
昨年の大井のJBCクラシックを勝ち、続くチャンピオンズカップ(G1)では2番人気に支持されたが11着惨敗するなど、その後は勝ち鞍がない。
既に8歳馬ということもあり、徐々にではあるが衰えも出始めている感じはする。
ある程度人気になるかも知れないが、あまり期待はしないほうが良い気がする。

ノンコノユメ

戦績23戦8勝 美浦・加藤征弘
父トワイニング 母父アグネスタキオン

前走は盛岡のマイルチャンピオンシップ南部杯(G1)に出走したが、痛恨の大出遅れが響き4着止まり。
今年の根岸S(G3)で久々に勝ち鞍を挙げ、その勢いでフェブラリーS(G1)も制して完全復活したが、その後の2戦は案外な結果となっている。
やはり左回りダートの1400~1600M前後がベストの馬だと思うので、今回の条件は本質的に合わない。
地力も実績もこのメンバーなら間違いなく上位だが、正直あまり好走するイメージは沸きにくい。

テイエムジンソク

戦績29戦9勝 栗東・木原一良
父クロフネ 母父フォーティナイナー

コノ馬も前走は船橋の日本TV盃(G2)に出走し、4番人気4着。
前走はスンナリとハナを切れたにも関わらず、直線はアッサリと捕まってしまった印象が強い。
昨年後半から今年1月の東海S(G2)を勝ったぐらいまでは勢いが良かったが、フェブラリーSで惨敗した辺りからハッキリと下降線を描いている。
前走を叩いて多少の上積みは期待出来るかも知れないが、前走よりも確実に相手が上がった今回は例えスンナリ先行出来たとしても厳しいかも知れない。

現時点での狙い馬候補

人気は赤い太文字の3頭の三つ巴になりそうですが、今年のメンバーは例年と比べると絶対的な中心馬が不在の年だと思います。
上位人気に予想している馬達には何れも勝つチャンスがありそうですが、特にコノ馬が今回の条件的に激走の匂いが漂います。
コノ馬もJBCスプリントで推奨した馬と同様に、地力の高さだけは間違いない馬なのですが、戦績にムラがあるタイプなので、今回も実績に比してあまり人気にならないと思います。

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの7位前後に書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】今週末の無料提供レースは

土曜「ダービー卿チャレンジトロフィー」含めた5鞍想定。
日曜「大阪杯」含めた5鞍想定。
※レース前日念のため確認してください。

3月は重賞が多いのでここの本命穴馬提供はホントお得です。
ーーーーーーーーーーーーー
17日千葉ステークス本命1頭穴馬2頭→3連単73,240円
17日5鞍公開2鞍で3連単
16日韓国馬事杯穴馬3頭→3連単40,830円
16日5鞍公開3鞍で3連単

10日東風ステークス本命1頭穴馬2頭→3連単275,900円
10日フィリーズR穴馬3頭→3連単264,800円
10日昇竜ステークス穴馬3頭→3連単217,490円
10日賢島特別本命1頭穴馬2頭→3連単65,880円
10日5鞍公開5鞍で3連単
9日房総特別穴馬3頭→3連単107,030円
9日5鞍公開1鞍で3連単

3日弥生賞穴馬3頭→3連単457,370円
3日太宰府特別本命1頭穴馬2頭→3連単56,040円
3日5鞍公開2鞍で3連単
2日5鞍4鞍で3連単
ーーーーーーーーーーーーー
10日は大フィーヴァーしてましたね!
つまりは何が言いたいかと言うと・・・ここに出てる馬番でほぼ決着しており、公開されてる穴馬を見ておくと配当高い馬を1頭入れたい場合参考になるはずです。去年の大阪杯はペルシアンナイトが6番人気が2着でしたね。いつも過少評価されてるバレてない配当いい馬を見抜くので一見の価値はあるかと思います。

土曜「ダービー卿チャレンジトロフィー」含めた5鞍
日曜「大阪杯」含めた5鞍の穴馬を確認する。

無料提供されてる「利益直結馬」で確認できるので一度チェックしてみてください。確認メールきたらクリックしてログイン。