【JBCスプリント2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

2018年11月4日(日)に行われる「JBCスプリント2018」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

JBC競走はこれまで地方競馬が毎年持ち回りで実施していましたが、今年は初めてJRAの競馬場で行われることになります。

JBCスプリント(Jpn1)は基本的にダート1200Mで行われますが、(年によっては競馬場のコースの都合でダート1400Mで行われたこともある)今年は京都ダート1200Mで行います。

過去10年の1番人気馬の戦績は4-4-0-2、勝率40%、連対率80%、複勝率80%ということで、1番人気馬の信頼度はかなり高いレースと言えます。

JBCスプリント2018 出走予定馬

登録馬は以下の19頭となっています。

馬名 性齢 斤量 調教師
アンサンブルライフ 牡5 57 [地]小久保智
ウインムート 牡5 57 (栗)加用正
キタサンミカヅキ 牡8 57 [地]佐藤賢二
キングズガード 牡7 57 (栗)寺島良
グレイスフルリープ 牡8 57 (栗)橋口慎介
コウエイエンブレム 牡5 57 (栗)山内研二
サクセスエナジー 牡4 57 (栗)北出成人
スマートアヴァロン 牡6 57 (栗)西園正都
セイウンコウセイ 牡5 57 (美)上原博之
テーオーヘリオス 牡6 57 (栗)梅田智之
ナックビーナス 牝5 55 (美)杉浦宏昭
ニシケンモノノフ 牡7 57 (栗)庄野靖志
ネロ 牡7 57 (栗)森秀行
ノブワイルド 牡6 57 [地]小久保智
ノボバカラ 牡6 57 (美)天間昭一
マテラスカイ 牡4 57 (栗)森秀行
モーニン 牡6 57 (栗)石坂正
ラブバレット 牡7 57 [地]菅原勲
レッツゴードンキ 牝6 55 (栗)梅田智之

予想オッズ

1 マテラスカイ 3.8
2 キタサンミカヅキ 4.4
3 グレイスフルリープ 6.3
4 モーニン 7.9
5 ネロ 10.7
6 レッツゴードンキ 12.4
7 ナックビーナス 16.0

予想オッズ上位人気馬の見解

マテラスカイ

戦績20戦6勝 栗東・森秀行
父Speightstown 母父Rahy

前走は大井の東京盃(G2)に出走し、1番人気に推されハナを切ったが、直線で後続に捕まり4着に終わる。
2走前のプロキオンS(G3)を日本レコードで逃げ切って一躍JBCスプリントの有力候補に挙がった感じだが、前走は案外だった印象が強い。
しかし、京都ダート1200Mは5走前の橿原S(1600万下)で5馬身差を付けて圧勝している舞台なので適性は高いか。
マークがきつくなるのは否めないが、中央の馬場ならコノ馬の絶対的スピードで押し切ってしまう可能性もあるとは思える。

キタサンミカヅキ

戦績48戦9勝 船橋・佐藤賢二
キングヘイロー 母父サクラバクシンオー

前走はこちらも大井の東京盃(G2)に出走し、2番人気だったが見事に差し切り勝ち。
中央時代はオープンの京葉S勝ちがあるぐらいで、その後は完全に壁にぶち当たっていたが、南関東移籍後はダートグレードレースで中央馬とも互角以上の走りを続けている。
前哨戦を勝っているので有力馬であることは間違いないが、久々の中央馬の馬場で力を出し切れるかという点に大きな不安が残る。
既に8歳馬ということもあり、過度な期待はしないほうが良い気がする。

グレイスフルリープ

戦績43戦11勝 栗東・橋口慎介
父ゴールドアリュール 母父Seeking the Gold

コノ馬も前走は大井の東京盃(G2)に出走し、4番人気3着。
こちらも既に8歳馬で、6歳以降はダートグレードレースをよく使われ、かなりの結果を残しているが、たまに出る中央のレースではいつも惨敗している。
地力はあると思うが、コノ馬もキタサンミカヅキ同様に過度な期待はしないほうが良い気がする。

モーニン

戦績21戦8勝 栗東・石坂正
父Henny Hughes 母父Distorted Humor

前走は韓国のコリアスプリントに出走し、混戦を制し見事勝利。
2年前にフェブラリーS(G1)を勝った後、しばらく勝ち鞍がなかったが、3走前のコーラルS(オープン)で久々の勝ち鞍を挙げて復調の兆しを示していた。
しかし、2走前のかしわ記念(G1)のように道中で被されたり、揉まれるとダメなので、如何に気分良く走らせるかが好走のカギとなる。
今回のメンバーなら地力の高さは随一だと思うので、まとめて差し切る可能性も十分あるとみる。

ネロ

戦績45戦8勝 栗東・森秀行
父ヨハネスブルク 母父サンデーサイレンス

コノ馬も前走は大井の東京盃(G2)に出走し、6番人気ながら2着に好走している。
同厩舎で同型のマテラスカイが居るが、こちらはハナに行かなくても競馬は出来る。
恐らく前走のように2番手からの競馬になると思うが、今回も先着するのはマテラスカイではなくコチラの可能性も十分あるか。

レッツゴードンキ

戦績29戦3勝 栗東・梅田智之
父キングカメハメハ 母父マーベラスサンデー

前走はスプリンターズS(G1)に出走し、4番人気5着。
これまでダート戦は2回しか使ってないが、2年前のJBCレディスクラシック2着、今年のフェブラリーSは5着とそれなりの結果を残している。
母馬のマルトクという馬がダート1200Mで3勝を挙げた馬で、元々ダートも走りそうな血統背景だが、芝でも1200~1400Mぐらいがベストなので、ダートもこのぐらいの距離が最もパフォーマンスが高くなる可能性もあるか。
あまり人気にならないようなら印は必ず入れたい馬ではある。

ナックビーナス

戦績28戦7勝 美浦・杉浦宏昭
父ダイワメジャー 母父More Than Ready

前走はスプリンターズS(G1)に出走し、2番人気に推されたが、直線で伸び切れず7着に終わる。
元々未勝利戦をダートで勝ち上がった馬ではあるが、昨年の東京盃では9着に惨敗しているので、このレベル相手のダート戦では厳しいという印象が強い。
ここ最近の戦績からある程度人気になるかも知れないが、さすがに今回は割引が必要か。

現時点での狙い馬候補

上位人気になりそうな馬達は何れも不安要素が多く、地方所属馬の参戦も展開に不確定要素をかなりもたらすと思いますので、波乱の可能性はかなりあると思います。
恐らく展開的には激流になり、直線ゴール前はかなり大激戦になると思いますので、そうなればコノ馬が必然的に浮上する筈です。
地力の高さだけは間違いない馬なのですが、戦績にムラがあるタイプなので、今回も実績に比してあまり人気にならないと思います。

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの7位前後に書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】荒れるか?有馬記念には競馬大陸の「利益直結馬」

近年高確率で穴馬が入線している有馬記念。
2017年 クイーンズリング (8人気2着)
2015年 ゴールドアクター (8人気1着)
2014年 トゥザワールド (9人気2着)

高配当決着かそれとも本命決着なのか。
今年の有馬記念は大混戦で荒れ模様必至か!?

個人的には
中山実績と一週前調教◎サクラアンプルール
中山実績◎、そして一週前調教抜群のミッキースワロー
この2頭にかなり期待しています。

競馬大陸の利益直結馬なら利益本命馬・利益穴馬ともに、驚異の入線率。
荒れ模様でも本命でも利益直結馬は本当に利益になる馬を抜粋
私は穴馬を挙げて答え合わせのような感覚で使っています。
■先週の的中実績

12月15日(土) 中山10R 舞浜特別
利益本命馬1頭入線/06フランシスコダイゴ
利益穴馬2頭入線/03ミスパイロ/15サニーダンサー
3連単 15→06→03 432,840円 的中!


12月15日(土) 中山11R ターコイズステークス(G3)
利益穴馬3頭入線/03ミスパンテール/06デンコウアンジュ/07リバティハイツ
3連単 03→07→06 690,180円 的中!


有馬記念競馬大陸さんの利益直結馬に上記の馬が入っていたら
賭け金二倍にして勝負したいと思います。
無料で有馬記念(G1)の利益直結馬を見に行く!