【菊花賞2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

2018年10月21日(日)に行われる「菊花賞2018」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

菊花賞2018 出走予定馬

登録馬は以下の20頭となっています。

馬名 斤量 調教師
アイトーン 57 (栗)五十嵐忠
アフリカンゴールド 57 (栗)西園正都
エタリオウ 57 (栗)友道康夫
エポカドーロ 57 (栗)藤原英昭
オウケンムーン 57 (美)国枝栄
カフジバンガード 57 (栗)松元茂樹
グレイル 57 (栗)野中賢二
グローリーヴェイズ 57 (美)尾関知人
グロンディオーズ 57 (美)田村康仁
コズミックフォース 57 (美)国枝栄
ゴールドフラッグ 57 (栗)須貝尚介
シャルドネゴールド 57 (栗)池江泰寿
ジェネラーレウーノ 57 (美)矢野英一
ステイフーリッシュ 57 (栗)矢作芳人
タイムフライヤー 57 (栗)松田国英
ドンアルゴス 57 (栗)庄野靖志
フィエールマン 57 (美)手塚貴久
ブラストワンピース 57 (美)大竹正博
メイショウテッコン 57 (栗)高橋義忠
ユーキャンスマイル 57 (栗)友道康夫

ダービー馬のワグネリアンは天皇賞(秋)に向かう予定となっています。

予想オッズ

1 エタリオウ 3.8
2 ブラストワンピース 4.1
3 ジェネラーレウーノ 6.4
4 エポカドーロ 6.8
5 グロンディオーズ 9.1
6 フィエールマン 10.3
7 メイショウテッコン 11.1

予想オッズ上位人気馬の見解

エタリオウ

戦績8戦1勝 栗東・友道康夫
父ステイゴールド 母父Cactus Ridge

前走はトライアルの神戸新聞杯(G2)に出走し、3番人気2着。
意外にも未だ1勝馬だが、春は青葉賞(G2)2着、日本ダービー(G1)もかなり惜しい4着の実績がある。
長く良い脚を使えるタイプで、距離も長いほうが良さそうなので如何にも菊花賞向きという感じか。
今回もデムーロが騎乗すると思うが、神戸新聞杯のレース振りが如何にも菊花賞を意識した乗り方だったので、本番では相当やれそうな感じはする。

ブラストワンピース

戦績5戦4勝 美浦・大竹正博
ハービンジャー 母父キングカメハメハ

前走は3歳馬には珍しく新潟記念(G3)を使い、1番人気に応えて見事圧勝。
日本ダービー(G1)は5着に終わったが、直線で多少のロスがあったのも響いたと思われる。
終いは確実に長く良い脚を使うが、これが京都の芝3000Mでも威力を発揮するかは何とも言えない。
しかし、能力は相当高いと思うのでアッサリと圧勝してしまってもそれほど驚けないか。

ジェネラーレウーノ

戦績7戦4勝 美浦・矢野英一
父スクリーンヒーロー 母父ロックオブジブラルタル

前走はセントライト記念(G2)に出走し、4番人気ながら道中2番手から抜け出して見事1着。
春は京成杯(G3)を勝ち、皐月賞(G1)も厳しい流れをかなり粘って3着に好走しているが、日本ダービー(G1)は行きたがった感じで16着に大敗している。
何となく中山専用機の匂いもしないでもないが、速い流れを押し切るスタミナはかなりありそう。
スンナリ先行して後続に脚を使わせる流れに持ち込めば勝機はあるのかも知れない。

エポカドーロ

戦績7戦3勝 栗東・藤原英昭
父オルフェーブル 母父フォーティナイナー

前走はトライアルの神戸新聞杯(G2)に出走したが、痛恨の出遅れも響いて1番人気を裏切り4着止まり。
春は7番人気ながら皐月賞(G1)を快勝し、それがフロック視されたのか日本ダービー(G1)も4番人気に留まったがかなり惜しい2着だった。
前々の競馬で結果を残してきたタイプなので、前走のように後手にまわると持ち味が出ない。
しかしながら、今回は割と前で競馬するタイプの馬が揃った感じもするので、コノ馬にとっては展開的に厳しいかも知れない。

グロンディオーズ

戦績4戦3勝 美浦・田村康仁
父ルーラーシップ 母父サンデーサイレンス

前走は新潟芝2000Mの信濃川特別(1000万下)に出走し、1分58秒3のタイムで3馬身差をつけて見事1着。
キャリアが浅く、未だ1000万を勝ったばかりの馬だが、示している能力はかなり高いレベルに達している。
500万下で東京芝2400Mを2分24秒台で勝っているので、3000Mの距離も問題いとは思うが、昨年の優勝馬キセキもルーラーシップ産駒で血統構成がわりと似ているのと、モレイラが騎乗予定とのことなので、実績以上にかなり売れそうな感じが漂う。

フィエールマン

戦績3戦2勝 美浦・手塚貴久
父ディープインパクト 母父Green Tune

前走は福島のラジオNIKKEI賞(G3)出走し、1番人気だったがメイショウテッコンに敗れて2着止まり。
コノ馬はグロンディオーズよりもさらにキャリアが浅いが、こちらは重賞での2着がある分、実績面の裏付けは多少ある。
1800Mまでしか距離経験がなく、さらにディープ産駒で如何にも切れる脚を使うタイプなので、3000Mの距離が合いそうなイメージが沸かない。
想定以上に人気になるようなら軽視したい1頭という感じか。

メイショウテッコン

戦績8戦4勝 栗東・高橋義忠
父マンハッタンカフェ 母父Lemon Drop Kid

前走はトライアルの神戸新聞杯(G2)に出走したが、果敢にハナを切りゴール直前までギリギリ粘り、6番人気ながら3着に好走。
春のクラシックは不出走だったが、その後に力を付け、前々走のラジオNIKKEI賞(G3)では重賞勝ちも収めている。
逃げなくても競馬は出来るが、それでもある程度前で競馬することで持ち味が出るタイプなので、同じような前で競馬するタイプが多いのはマイナス材料か。
好きな馬ではあるのだが、さすがに今回はちょっと厳しいかも知れない。

現時点での狙い馬候補

今年で79回目を迎える「菊花賞」は言わずと知れた3歳牡馬三冠レースの最終戦で、京都芝3000Mで行われるG1レースです。
ダービー馬のワグネリアンが距離適性を考慮してか、天皇賞(秋)に向かうのと、皐月賞馬のエポカドーロが前哨戦の神戸新聞杯(G2)で4着に終わっているため、かなりの混戦模様となっています。
過去10年の1番人気馬の戦績は6-1-1-2、勝率60%、連対率70%、複勝率80%ということで、1番人気馬の信頼度はかなり高いレースなのですが、今年はかなりの混戦なのでこのデータは当てにならない気がします。

そんな今年の菊花賞ですが、現時点での狙い馬はコノ馬です。⇒⇒ 人気ブログランキングの7位前後に書いてあります。

春のクラシックは不出走に終わりましたが、夏に大きく成長しクラシック組に力は追いついてきたと思います。
良い脚をかなり長く使える馬で、距離は長ければ長いほど良いタイプです。
ダービー馬不在の今年のメンバーレベルなら十分戦える筈です。

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】好走予感馬クロコスミア!2年連続2着の快挙。

11日京都「エリザベス女王杯」
11日福島「福島記念」

ともに3連単的中。11日は5レース全て3連単でしたね!
やっぱここの予想くるでしょ?!
もうメルマガ会員の方は毎週この本命&穴馬気になりますよね?!



今週末は
18日京都「マイルチャンピオンシップ」
17日東京「東京スポーツ杯2歳ステークス」


天皇賞秋(本命1頭+穴馬2頭で3連単24,230円)

スワンステークス(本命1頭+穴馬2頭で3連単9,820円)
5番グァンチャーレ8番人気を入れ込んでます。
富士S,毎日王冠も3連単でしっかり的中してます。

ステップ4レース、エリザべス、JBC2レース的中してるサイトは見かけないです。
菊花賞、ローズS以外ほぼここの馬番で重賞決着してますよ!
メルマガ会員限定で見れますし、無料の0円なのでご安心ください。
⇒⇒マイルチャンピオンシップ無料予想を見る