【セントライト記念2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のFです。

2018年9月17日(祝)に行われる「セントライト記念2018」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

セントライト記念2018 出走予定馬

登録馬は以下の17頭となっています。

アドマイヤアルバ
エストスペリオル
オウケンムーン
ギベオン
グレイル
ケイティクレバー
コズミックフォース
ショウナンラーゼン
ジェネラーレウーノ
ゼーゲン
タニノフランケル
ダブルフラット
トラストケンシン
ブレステイキング
メイショウロセツ
レイエスプランドル
レイエンダ

予想オッズ

1 レイエンダ 2.6
2 ギベオン 3.8
3 コズミックフォース 5.9
4 ブレステイキング 9.4
5 ジェネラーレウーノ 12.3
6 タニノフランケル 13.4
7 グレイル 15.4

予想オッズ上位人気馬の見解

レイエンダ

戦績3戦3勝 美浦・藤沢和雄
父キングカメハメハ 母父シンボリクリスエス

前走は函館芝2000Mの松前特別(1000万下)に出走し、ノーステッキで1番人気に応え快勝。
言わずもがな、ダービー馬レイデオロの全弟でコノ馬もかなりの期待を集めていたが、新馬戦を勝った後に故障し、春のクラシックは出られなかった。
抜け出す時の脚の速さは兄以上という評価もあり、底知れぬ魅力がある。
不安材料としては、兄のレイデオロが重馬場の京都記念で負けたように、道悪になったときにどうなのかというのが気になるくらいか。

ギベオン

戦績4戦2勝 栗東・藤原英昭
ディープインパクト 母父Ghostzapper

前走はNHKマイルC(G1)に出走し、2番人気2着。
デビュー2戦目のフリージア賞(500万下)で2000Mまでは勝っているので、600Mの距離延長は折り合い次第で何とかなりそう。
未だキャリア4戦というのと、ダービー出走プランがあったが早々見送って秋に備えたので、大きく成長している可能性はかなりある。
人気にはなると思うが、楽しみのほうが大きい馬という感じがする。

コズミックフォース

戦績6戦2勝 美浦・国枝栄
父キングカメハメハ 母父ネオユニヴァース

前走は日本ダービー(G1)に出走し、16番人気ながら3着に大好走。
ダービー3着はフロック視されているかも知れないが、プリンシパルSの上位馬のその後の活躍をみると、フロックとは到底思えない。
中山コースも京成杯(G3)での2着があるので、問題は無い筈。
コノ馬もある程度の人気になると思うが、楽しみのほうが大きい。

ブレステイキング

戦績5戦2勝 美浦・堀宜行
父ディープインパクト 母父Medicean

前走は平場500万下の東京芝2000M戦に出走し、1番人気に応えて快勝。
新馬戦は単勝1.3倍の期待を裏切って6着に負けたが、その後の4戦は素質の片鱗を見せていると言える。
未だ未だ粗削りな面が残っていて、秋以降に強くなりそうな予感はあった馬。
メンバーは相当上がるが、元々の素質の高さで通用してもおかしくはないか。

ジェネラーレウーノ

戦績6戦3勝 美浦・矢野英一
父スクリーンヒーロー 母父ロックオブジブラルタル

前走は日本ダービー(G1)に出走したが、16着に大敗。
春は京成杯(G3)を勝ち、皐月賞(G1)でも3着に粘るなど、とにかく中山適性は高い。
ダービーの大敗は気になるかも知れないが、得意の中山なら十分巻き返せるとみる。

タニノフランケル

戦績9戦3勝 栗東・中竹和也
父Frankel 母父Tanino Gimlet

前走は小倉芝1800Mの西部スポニチ賞(1000万下)に出走し、4馬身差を付け好タイムで圧勝。
父フランケル、母はあのウォッカというこれ以上ない超良血馬。
春はようやく500万下を勝つ程度のレベルだったが、前走の圧勝で一皮剥けた可能性はあるかも知れない。
距離の不安は全く無い馬だと思うので、スタミナを活かせる展開になれば浮上の度合いは増してくるとみる。

グレイル

戦績5戦2勝 栗東・野中賢二
父ハーツクライ 母父Rock of Gibraltar

前走は日本ダービー(G1)に出走したが、14着に大敗。
デビューから2連勝で京都2歳S(G3)を制しその後の活躍が期待されたが、完全に伸び悩んでいる。
しかし、兄のロジチャリスは5歳で重賞を勝っているので、コノ馬もまだこれから強くなる可能性はあるかも知れない。
皐月賞の内容はそれほど悪くなかったので、右回りのほうが巻き返しの可能性は高いか。

現時点での狙い馬候補

今年で72回目となる「セントライト記念」は中山芝2200Mで行われる3歳限定のG2の重賞です。
菊花賞トライアルという位置付けのレースとなっていて、3着までに菊花賞の優先出走権が与えられます。
過去10年の1番人気馬の戦績は3-2-1-4、勝率30%、連対率50%、複勝率60%ということで、1番人気馬の信頼度はほぼ標準的なレースとなっています。

そんな今年のセントライト記念ですが、現時点での狙い馬候補はコノ馬です。⇒⇒ 人気ブログランキングの7位前後に書いてあります。

前走は大敗していますが、レースの流れが全く合っていなかったのと、そもそも道中の走りのリズムも悪かったと思います。
今回はコノ馬の得意条件に替わりますので、巻き返せるとみています。

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】タケポンの一週前重賞予想

20日は豪華G2のAJCCと東海Sが行われます。 春の芝中距離G1やフェブラリーSに向けた重要なレース。G1級の楽しみな出走予定メンバーなので軸馬を1頭ずつピックアップしてみました!

AJCC:シャケトラ
G1でも上位人気していた実力馬が骨折休養明けで約1年ぶりに復帰!G2では1着1回2着1回と崩れたことがなく仕上がっていればここでも勝ち負けできる。
東海S:グレンツェント
一昨年のこのレースの勝ち馬。その後は不振が続いているが得意の条件に戻れば復活があっても驚けない。ミナリク騎手の手腕にも注目したい。







AJCCと東海Sに直結する昨年のG1を連続的中させた競馬大陸の利益直結馬。
この路線の力関係を把握されてるので信頼度絶大です!
利益直結馬はコチラから!

自分で予想した軸馬とここの買い目を組み合わせて的中目指します!
競馬大陸の穴馬を見に行く!
メール登録して確認メールをクリック!