【北九州記念2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のFです。

2018年8月19日(日)に行われる「北九州記念2018」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

北九州記念2018 出走予定馬

登録馬は以下の18頭となっています。

アクティブミノル
アサクサゲンキ
アレスバローズ
アンヴァル
カネトシブレス
グレイトチャーター
ゴールドクイーン
スカイパッション
セカンドテーブル
ダイアナヘイロー
ダイメイプリンセス
ツィンクルソード
トウショウピスト
ナインテイルズ
ナガラフラワー
ナリタスターワン
フミノムーン
ラブカンプー

予想オッズ

1 アレスバローズ 3.8
2 ラブカンプー 4.5
3 ゴールドクイーン 5.3
4 アサクサゲンキ 7.7
5 ダイメイプリンセス 8.3

予想オッズ上位人気馬の見解

アレスバローズ

戦績26戦6勝 栗東・角田晃一
父ディープインパクト 母父トニービン

前走はCBC賞(G3)に出走し、4番人気ながら見事1着。これが重賞初勝利。
オープンに上がってからは壁に当たっていた印象だったが、前走の快勝でもう一皮向けた可能性もある。
しかし、前走はハンデに恵まれた面も多少あるのと、今回は斤量が増えるのと前走以上の人気になる可能性が高く、有力な1頭に間違いないが妙味は乏しいか。

ラブカンプー

戦績10戦2勝 栗東・森田直行
父ショウナンカンプ 母父マイネルラヴ

前走はアイビスSD(G3)に出走し、2番人気2着。
前走のアイビスSDは果敢に先頭を切っていたが、ゴール寸前で同厩舎のダイメイプリンセスに差し切られる。
アイビスSDでハナを切れるほどのスピードがあるが、今回は同型のゴールドクイーンがいるのがネック。
葵Sではゴールドクイーンにハナを譲ったが、出来ればハナを切りたい筈で展開的に今回はかなり苦しいか。

ゴールドクイーン

戦績6戦3勝 栗東・坂口正則
シニスターミニスター 母父タイキシャトル

前走はバーデンバーデンC(福島芝1200M オープン)に出走し、1番人気2着。
葵Sで逃げ切り勝ちを収めた通り、テンの速さは世代トップレベルにあるか。
同型ラブカンプーとの兼ね合い次第だが、今回もスンナリ先手が取れれば粘りこめる可能性はあると思う。
しかし、他にもテンに速い馬はいるので、ラブカンプー同様に展開が厳しくなる可能性は高い。

アサクサゲンキ

戦績9戦2勝 栗東・音無秀孝
父Stormy Atlantic 母父Dixieland Band

前走はCBC賞(G3)に出走し、直線よく追い込んだが4着止まり。
ここ2戦はスタートで後手を踏んで届かずというレースになっているが、上がり3Fに関しては2戦とも最速タイムを計時している。
この舞台は2歳時に小倉2歳S(G3)を勝った舞台でもあるので、得意なのは間違い無さそう。
展開も向きそうなので、今回こそはせめて互角のスタートは決めてもらいたいところ。

ダイメイプリンセス

戦績21戦6勝 栗東・森田直行
父キングヘイロー 母ダンスインザダーク

前走はアイビスSD(G3)に出走し、1番人気に応えて見事1着。これが重賞初勝利。
新潟芝千直が3戦3勝ということで、適性が千直に偏っている可能性は高いが、小倉芝1200Mでの勝ち鞍も一応はある。
イメージ先行であまり人気にならないようであれば、むしろ積極的に狙うのもアリな気がする。

現時点での狙い馬候補

今年で53回目を迎える「北九州記念」は小倉芝1200Mで行われるのG3のハンデ重賞です。
過去10年の1番人気馬の戦績は1-2-2-5、勝率10%、連対率30%、複勝率50%ということで、1番人気馬の信頼度はハンデ重賞らしくかなり低い水準となっています。

そんな北九州記念ですが、現時点の軸候補はコノ馬です。⇒⇒ 人気ブログランキングの6位前後に書いてあります。

メンバーを見渡した限り、かなりペースが速くなりそうで、コノ馬に展開が向くとみています。
小倉も得意コースですので、直線で突き抜ける可能性がかなりあるとみています。

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】次週はいよいよ天皇賞(秋)の開催

一般の競馬ファンのみならず、多くの競馬関係者の間でも
既に来週の話で持ち切りとなっております。
昨年度は武豊の好騎乗が目立ったキタサンブラックが見事優勝。
2着はサトノクラウン、3着馬には13番人気のレインボーラインが好走し高配当を演出。
道悪不良馬場の影響もありましたが、3着に人気薄が食い込み3連単[553.2倍]となりました。

レープロでも昨年度の天皇賞秋では、3連単を僅か6点で的中をお届けする事に成功し、
ご参加者様には『200万円超』の配当を獲得頂く事に成功致しました!
----[実際の提供時買い目]--------
3連単フォーメーション(計6点)1着:2-7 2着:2-7 3着:5-8-15

[的中ハイライト]
実力を発揮できる状態にあるのか否か。
キタサンブラックの取捨のポイントはそれのみだったが、
中間の稽古の過程から最終追い切りまでを見る限り、
春の疲れもすっかり抜け、前走の惨敗が嘘のようなパワフル且つ軽快な動きを連発。
不安材料は見当たらなかった。重以上が確実な当日の馬場状態を加味すれば、
相手は、父がラストタイクーン系、母の父がミスワキ系のパワー型で、
陣営も「道悪の鬼」を自負するサトノクラウン1頭に絞りこめる。
それと同様に、馬場状態を味方に浮上してきたのが高配当の素となった13番人気のレインボーライン。
東京芝2000mで2分8秒3という異常に遅い勝ち時計が示すのは、心肺機能のみを競うようなタフな勝負だったという点。

雨の洋芝でモーリスに食らいついた道悪適正に、菊花賞2着の持久力の持ち主。
さすがに上位2頭には及ばなかったものの、状況はすべてレインボーラインの好走を後押ししていた。
※上記詳細は弊社[的中ハイライト]よりご確認頂けます⇒⇒コチラ

天皇賞は

一般の競馬ファンのみならず、競馬関係者間にとっても重大なイベントとなっており、
今年の天皇賞(秋)で一気に資産増幅を目論む投資家や、この大舞台で名前を売る為に仕掛けを放ってくる陣営等、それぞれの思惑が入り混じった大激戦となる事はもはや必然。
その為、枠順すら決まっていない現段階においても多くの関係者情報が入り乱れており、
既に今年の天皇賞(秋)の波乱を彷彿させている状況。
その中でも、特に信憑性の高い内部事情色の濃い秘匿情報を入手する事に成功。
情報元の身元保全の為、こちらで詳細を公表する事は出来ませんが、
想定段階においても特大配当をご期待頂ける事は間違いなしの状況。

開催まで残すところ一週間。
レープロでは、天皇賞(秋)に向けた精査を既に8割型進めており、
現在は情報の裏取りを行い万全の態勢。
後は枠順や水曜日、木曜日の最終追い切り、レース当日の馬場状態、
騎手の調子やその他のファクターを加味して最終的な買い目を構築するだけの状態。
普段ご参加を躊躇われている方も、
ありきたりな言葉となってしまいますが、
まさに「千載一遇」の機会となりますので、どうぞお見逃しのないようにお願い申し上げます。

レープロトレセン班のやり手記者が各地で取材敢行!!
詳細はサイトTOPよりご確認頂けます♪⇒レープロ