「ラジオNIKKEI賞2018」「CBC賞2018」の見解【競馬予想記事】

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のFです。

本日の馬券の成果は如何だったでしょうか?

本日の「F式」対象全鞍は5鞍の公開で4鞍に的中マークが付く結果となりましたが、配当的にはソコソコでしたので、あまり大きなプラス収支とはなりませんでした。

但し、今日で3場の馬場傾向はかなり把握できましたので、明日は今日以上の好結果に期待して頂ければと思います!

ということで早速ですが、本題の明日の「F式」重賞予想、「ラジオNIKKEI賞(G3)」と「CBC賞(G3)」の見解に行きたいと思います。

まずは先に「ラジオNIKKEI賞」の見解から。

参考として「ラジオNIKKEI賞」のアドバンス指数をご覧下さい。

ラジオNIKKEI賞2018のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 A馬 27.0%
2 B馬 18.4%
3 C馬 16.4%
4 イェッツト 11.1%
5 ロードアクシス 7.4%
6 キューグレーダー 5.3%
7 フィエールマン 4.2%
8 エイムアンドエンド 3.5%
9 シセイヒテン 2.7%
10 マイハートビート 2.1%
11 グレンガリー 1.1%
12 ロードライト 0.5%
13 マルターズルーメン 0.3%

A馬、B馬、C馬の名前はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの35位前後に書いてあります。

ラジオNIKKEI賞2018 前日17時15分現在の単勝人気上位

1 フィエールマン 2.5
2 メイショウテッコン 5.6
3 イェッツト 5.9
4 キューグレーダー 6.8
5 グレンガリー 12.3
6 ケイティクレバー 14.8

人気はこの時点ではフィエールマンが2.5倍の1番人気。

続いてメイショウテッコン、イェッツト、キューグレーダーまでが10倍未満のオッズとなっている。

戦前の予想通りフィエールマンが1番人気になりそうで、ほぼ想定通りの人気になりそう。

ラジオNIKKEI賞2018 展開予想

展開はメイショウテッコン、ケイティクレバー、キボウノダイチ、シセイヒテンと逃げ・先行タイプが揃ったが、そのなかでも最も内枠に入ったメイショウテッコンがテンのスピードからしてもハナを獲りきる可能性が高いとみる。

人気処の位置取りはキボウノダイチが好位の2~3列目、グレンガリーは好位の外目、イェッツトは中団よりもやや後方、フィエールマンは後方寄りのポジションとなりそう。

メイショウテッコンが逃げると想定して、1000M通過は59秒前後で馬場状態を加味すると平均ペースぐらいになるか。

ラジオNIKKEI賞2018 見解

さて、このレースは週始めに書いたブログとYoutubeの動画では推奨したA馬が期待勝率27%で指数順位1位という指数分布となっています。

また、A馬は恐らく単勝5~6倍前後の2~3番人気で、期待値は100%を超える可能性が高いとみています。

しかしながら、1番人気濃厚のフィエールマンの期待勝率は4%台で順位も低く、コノ馬を買い目に入れるか否かが収支的には大きく影響するとみています。

そこで、このレースは素直にA馬を軸にした馬券を組みたいと思いますが、フィエールマンを買い目に入れるか否かはこの後のYoutube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

続いて「CBC賞」の見解に行きます。

参考として「CBC賞」のアドバンス指数をご覧下さい。

CBC賞2018のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 D馬 15.7%
2 E馬 15.3%
3 F馬 11.8%
4 アクティブミノル 11.1%
5 アレスバローズ 7.2%
6 スノードラゴン 6.7%
7 ダイメイプリンセス 6.5%
8 レーヴムーン 5.0%
9 セカンドテーブル 4.7%
10 トウショウピスト 3.3%
11 ワンスインナムーン 3.3%
12 トーキングドラム 2.7%
13 コウエイタケル 1.9%
14 グレイトチャーター 1.7%
15 フミノムーン 1.6%
16 ナガラフラワー 0.7%
17 トシザキミ 0.6%
18 ナリタスターワン 0.3%

D馬、E馬、F馬の名前はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの35位前後に書いてあります。

CBC賞2018 前日17時15分現在の単勝人気上位

1 ダイメイフジ 4.3
2 ペイシャフェリシタ 5.1
3 アサクサゲンキ 7.3
4 セカンドテーブル 8.7
5 アクティブミノル 9.1
6 アレスバローズ 11.7

人気はこの時点ではダイメイフジが4.3倍の1番人気。

続いてペイシャフェリシタ、アサクサゲンキ、セカンドテーブル、アクティブミノルまでが10倍未満のオッズとなっている。

戦前の予想通りダイメイフジが1番人気になりそうだが、全体的なオッズ分布を見る限りかなりの混戦模様と言える。

CBC賞2018 展開予想

展開はトウショウピスト、ワンスインナムーン、アクティブミノル辺りがハナを狙いに行きそうだが、他にも先行したいタイプの馬が揃っている。

その中でもテンのスピードからしてアクティブミノルがハナに立つ可能性が高いとみる。

人気処の位置取りはアサクサゲンキが好位の3列目辺り、ペイシャフェリシタとダイメイフジは中団よりも後方寄りのポジションか。

アクティブミノルが逃げると想定した場合、道悪を加味してもかなりのハイペースになる筈。

CBC賞2018 見解

さて、このレースは指数順位1位でも期待勝率15%台ということで、かなり混戦の指数分布となっていますが、週始めに書いたブログとYoutubeの動画で推奨したD馬がギリギリですが指数順位1位となっています。

D馬は恐らく単勝5~6倍前後の2~3番人気になりそうで、期待値はギリギリ100%に届くか届かないか程度になるとみています。

そこで、このレースは素直にD馬を軸とした馬券を組みたいと思いますが、多頭数なので相手馬はある程度絞り込んだ形にしたいと思います。

相手馬の絞り込みに関しては、この後のYoutube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

結論の印と買い目は、ライト会員以上の方は別途、明日の午前中までにメールを送らせて頂きます。

また、明日の「F式」対象全鞍のラインナップは「鬼熱」1鞍、「激熱」4鞍の合計5鞍となっています。

「F式」厳選1鞍の対象レースは、明日は「鬼熱」から行く予定ですが、最終的に絞った買い目については明日の午前中までに配信させて頂きます。

最後に・・・

この後22時からいつものように「ラジオNIKKEI賞」と「CBC賞」に関するYoutube生放送を行いますので、是非ご覧いただければと思います。

「競馬新聞ゼロ」 Youtubeチャンネル
⇒ https://www.youtube.com/channel/UCBDdRc7wovawI90dAvSsIhg

明日も、どうかご期待ください!

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】エリーの重賞おすすめ馬【根岸S編】

27日(日)はフェブラリーSの前哨戦『根岸ステークス
去年のダート界に現れた新星ルヴァンスレーヴがフェブラリーS回避。王者不在のG1でどの馬が勝つのか混沌としてきましたね。根岸Sが直結しそうな気がするのでしっかり分析して根岸&フェブラリーダブル的中を目指しましょう。

エリー推奨馬
本命馬サンライズノヴァ
前走G1のチャンピオンズCこそ6着と馬券圏外に負けたが、その前3走は東京コースで重賞含む3連勝。去年のこのレースも2着、フェブラリーSも4着ならコース実績がずば抜けている。
穴馬クインズサターン
今年の根岸S出走予定馬に距離短縮組が少なかったので穴推奨はこの馬で。東京コースは秋嶺S勝ちや武蔵野S2着など相性が良い。重賞でたびたび馬券に絡んでくるので侮れない。

エリーはダート戦の成績があまり良くなくてちょっと自分の予想だけでは心もとない。。そこで参考にしたいのが競馬大陸さんの『利益直結馬』ホントに嘘みたいに次々と当てていてびっくりなんです!



昨年の秋ダートG1もご覧の的中実績!堅いレースは本命馬で。荒れたレースも利益穴馬で拾っていて万馬券的中!このダート路線の力関係を把握されてるので信頼度絶大です!
利益直結馬はコチラから!

自分で予想した馬とここの買い目を組み合わせて的中目指します!
競馬大陸の穴馬を見に行く!
メール登録して確認メールをクリック!