F式競馬予想ブログ【競馬新聞ゼロ】

競馬新聞ゼロの管理人Fが、週末の重賞予想や、有料公開したレースの結果報告などを行います。

【安田記念2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

time 2018/05/27

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。管理人F
↓↓↓↓↓↓
【安田記念2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

競馬新聞ゼロ管理人のFです。

 

2018年6月3日(日)に行われる「安田記念2018」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

安田記念2018 出走予定馬

 

登録馬は以下の19頭となっています。

アエロリット
ウインガニオン
ウエスタンエクスプレス
キャンベルジュニア
サトノアレス
サングレーザー
スターオブペルシャ
スワーヴリチャード
タワーオブロンドン
ダッシングブレイズ
ヒーズインラブ
ブラックムーン
ペルシアンナイト
ムーンクエイク
モズアスコット
リアルスティール
リスグラシュー
レーヌミノル
レッドファルクス

 

予想オッズ

1 スワーヴリチャード 2.9
2 ペルシアンナイト 3.8
3 サングレーザー 6.1
4 リスグラシュー 6.8
5 ムーンクエイク 11.3
6 リアルスティール 13.4
7 レッドファルクス 16.6

 

予想オッズ上位人気馬の見解

スワーヴリチャード

戦績10戦5勝 栗東・庄野靖志
父ハーツクライ 母父Unbridled’s Song

前走は大阪杯(G1)に出走し、向正面での早めのマクリから押し切り念願のG1初勝利。
マイルは初めてとなるが、左回りの芝は鬼のように強い馬なのでそれほど心配はいらないか。
余程のスローペースにでもならない限り、地力の高さで捻じ伏せてしまう可能性が高そうに思える。

 

ペルシアンナイト

戦績11戦4勝 栗東・池江泰寿
父ハービンジャー 母父サンデーサイレンス

前走の大阪杯(G1)は最速上がりの脚を使ってスワーヴリチャードに次ぐ2着好走。
3歳時にマイルCS(G1)を勝っている馬だが、その時に騎乗していたデムーロが今回はスワーヴリチャードに騎乗するので、今回は川田騎手が騎乗予定。
ベストのマイルならスワーヴリチャードとも互角以上の戦いは出来る筈で、コノ馬もかなり有力な1頭に間違い無い。

 

サングレーザー

戦績13戦6勝 栗東・浅見秀一
父ディープインパクト 母父Deputy Minister

前走はマイラーズC(G2)に出走し4番人気という評価だったが、圧巻のレコード勝ち。
3歳時にはマイルCS(G1)で3着に来ており、コノ馬もマイル適性はかなり高い。
東京コースが初というのが不安材料だが、本格化した現在ならそれほど問題は無さそうか。

 

リスグラシュー

戦績13戦3勝 栗東・矢作芳人
父ハーツクライ 母父American Post

前走のヴィクトリアマイル(G1)は最速上がりの脚を使って追い込んだが惜しくも2着。
3走前の東京新聞杯(G3)で牡馬を蹴散らして勝っているので、今回のメンバーでも力は何とか足りそうな感じはする。
しかし、年明けすでに4戦目という点が少々不安な点でもある。

 

ムーンクエイク

戦績12戦6勝 美浦・藤沢和雄
父アドマイヤムーン 母Halling

前走の京王杯SC(G2)は重賞初挑戦だったが、見事に差し切ってレコード勝ち。
これまで一度も掲示板を外したことが無い堅実性が売りなので、G1級の馬が揃った今回でも通用する余地はある。
勢いに乗って今回も好走したとしてもそれほど驚けない。

 

リアルスティール

戦績16戦4勝 栗東・矢作芳人
父ディープインパクト 母父Storm Cat

前走はドバイに海外遠征しドバイターフ(G1)で3着となっている。
2年前にドバイターフを勝った後も安田記念に出て来たが、その時は11着に大敗している。
本質的に1800Mがベストの馬と思うが、マイルも本来はこなせる馬だとは思う。
ドバイ帰りからの状態次第では好走は十分可能とみる。

 

レッドファルクス

戦績26戦10勝 美浦・尾関知人
父スウェプトオーヴァーボード 母父サンデーサイレンス

前走は高松宮記念(G1)に出走したがよもやの8着凡走。
昨年の安田記念は3着に追い込んで来たが、やはり本質的には1400M以下がベストの馬の筈。
乗り方次第で好走は可能と思うが、年齢的な衰えが徐々に出てきている可能性も否定できない。

 

現時点での狙い馬候補

安田記念は春のマイル王決定戦という位置づけのレースで、東京芝1600Mで行われます。
3歳馬も出走可能なレースですが、過去に馬券圏内に来たのは2011年のリアルインパクト(NHKマイルC3着からの参戦)と1997年のスピードワールド(クロッカスS1着からの参戦)の2頭だけとなっています。
今年はかなり豪華な顔ぶれとなりましたので、馬券的にもかなり面白いレースとなりそうです。

現時点の軸候補はコノ馬です。⇒⇒ 人気ブログランキングの6位前後に書いてあります。

取りこぼす可能性も多少ありそうですが、軸ははコノ馬で仕方ない感じがします。
場合によっては圧勝の可能性もある気がしています。

 

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

【SNSフォロー大歓迎!】

友だち追加
ツイッターフォロー