【東京優駿(日本ダービー)2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のFです。

2018年5月27日(日)に行われる「東京優駿(日本ダービー)2018」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

東京優駿(日本ダービー)2018 出走予定馬

登録馬は以下の21頭となっています。

アイトーン
アドマイヤアルバ
エタリオウ
エポカドーロ
オウケンムーン
キタノコマンドール
グレイル
ケイティクレバー
コズミックフォース
ゴーフォザサミット
サンリヴァル
ジェネラーレウーノ
ジャンダルム
ステイフーリッシュ
ステルヴィオ
タイムフライヤー
ダノンプレミアム
テーオーエナジー
ブラストワンピース
リョーノテソーロ
ワグネリアン

予想オッズ

1 ダノンプレミアム 3.9
2 ブラストワンピース 4.4
3 エポカドーロ 5.7
4 キタノコマンドール 6.1
5 ステルヴィオ 10.3
6 ワグネリアン 13.8
7 ゴーフォザサミット 14.0

予想オッズ上位人気馬の見解

ダノンプレミアム

戦績4戦4勝 栗東・中内田充正
父ディープインパクト 母父Intikhab

前走の弥生賞(G2)はノーステッキで余裕勝ちしたが、皐月賞は挫石で無念の回避。
その後の調整は順調のようだが、スピードが勝ったタイプなのでどうしても距離への不安が付きまとう。
アーモンドアイ同様に能力の違いで押し切る可能性もあるが、何かに足もとを掬われる可能性も無いとは言えないか。

ブラストワンピース

戦績3戦3勝 美浦・大竹正博
父ハービンジャー 母父キングカメハメハ

前走は毎日杯(G3)に出走し2番手追走から内から突き抜けて2馬身差を付けて余裕勝ち。
2戦目に東京芝2400Mのゆりかもめ賞を圧勝しているので距離の不安も全く無い。
ダービーへ向けて順調に調整されていることから、コノ馬もかなり有力な1頭に間違いは無さそう。

エポカドーロ

戦績5戦3勝 栗東・藤原英昭
父オルフェーブル 母父フォーティナイナー

前走の皐月賞(G1)は7馬人気ながら直線で先行していた3頭を楽々交わし見事1着。
この3歳春に走るたびに指数をかなり上げてきていることから、父オルフェーヴルの特徴が最もよく出ている産駒と言える。
人気になりにくいタイプなので馬券的にはかなり買いやすい1頭と思える。

キタノコマンドール

戦績3戦2勝 栗東・池江泰寿
父ディープインパクト 母父キングカメハメハ

前走の皐月賞(G1)は後方の追走から直線は最速上がりの脚を使ったが5着まで。
まだまだ成長途上という印象が強いものの、素質の高さはかなり窺えスケール感もかなりある印象が強い。
デムーロが騎乗することからやはり軽視は出来ないか。

ステルヴィオ

戦績6戦3勝 美浦・木村哲也
父ロードカナロア 母ファルブラヴ

前走の皐月賞(G1)は後方の追走から直線は最速上がりの脚を使ったが4着まで。
毎回確実に差して来る脚を持っているが、ロードカナロア産駒で母父がファルブラヴという点でやはり距離不安が付きまとう。
しかし、同じロードカナロア産駒のアーモンドアイがオークスを圧勝し、同じルメールが騎乗することからも無視は出来ないか。

ワグネリアン

戦績5戦3勝 栗東・友道康夫
父ディープインパクト 母父キングカメハメハ

前走の皐月賞(G1)は1番人気に推されたが直線で伸び切れず7着惨敗。
段々成績が尻すぼみになっている感じから若干カデナ臭が漂いはじめている気がしないでもない。
過去に負かした馬達のその後の走りもぱっとしないことから、コノ馬に関しては巻き返しに向けての強調材料があまり無い感じがする。

ゴーフォザサミット

戦績6戦3勝 美浦・藤沢和雄
父ハーツクライ 母父Storm Cat

前走は青葉賞(G2)に出走し、6番人気ながら直線で鮮やかに抜け出し見事1着。
東京コースはかなり得意な印象で、青葉賞の勝ち時計もかなり優秀。
青葉賞の勝ち馬が本番のダービーで勝てないジンクスがあるが、コノ馬がそのジンクスを覆しても全く驚けない。

現時点での狙い馬候補

東京優駿(日本ダービー)は3歳クラシックの2冠目のレースで東京芝2400Mで行われますが、全てのホースマンにとっての最大目標とも言うべきレースです。
今年は皐月賞不出走馬が1、2番人気を占める珍しいケースになりそうでかなりの大混戦が予想されます。
馬券的にもかなり面白いレースになりますので、何とかして獲りたいレースになると思います。

今年のダービーはどの馬が勝ってもおかしく無い大混戦レースだと思いますので思い切った穴狙いをするつもりですが、現時点の穴候補はコノ2頭です。⇒⇒ 人気ブログランキングの6位前後に書いてあります。

指数を見る限り、皐月賞、青葉賞、京都新聞杯の3つのレースで1番レベルが高いのは〇〇組みなのですが、恐らく完全にノーマーク扱いとなりそうです。
この2頭とも十分馬券圏内に入れる力を余裕で示していますので、かなり熱い穴候補と言えます。

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】タケポンの一週前重賞予想

20日は豪華G2のAJCCと東海Sが行われます。 春の芝中距離G1やフェブラリーSに向けた重要なレース。G1級の楽しみな出走予定メンバーなので軸馬を1頭ずつピックアップしてみました!

AJCC:シャケトラ
G1でも上位人気していた実力馬が骨折休養明けで約1年ぶりに復帰!G2では1着1回2着1回と崩れたことがなく仕上がっていればここでも勝ち負けできる。
東海S:グレンツェント
一昨年のこのレースの勝ち馬。その後は不振が続いているが得意の条件に戻れば復活があっても驚けない。ミナリク騎手の手腕にも注目したい。







AJCCと東海Sに直結する昨年のG1を連続的中させた競馬大陸の利益直結馬。
この路線の力関係を把握されてるので信頼度絶大です!
利益直結馬はコチラから!

自分で予想した軸馬とここの買い目を組み合わせて的中目指します!
競馬大陸の穴馬を見に行く!
メール登録して確認メールをクリック!