「優駿牝馬(オークス)2018」の見解【競馬予想記事】

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のFです。

本日の馬券の成果は如何だったでしょうか?

本日の「F式」対象全鞍は6鞍の公開でしたが、的中は3鞍(そのうち1鞍はワイドのみ的中)に留まり、今一つの結果に終わりました。

それでも、京都7Rが対象となった「F式」厳選1鞍が、◎ザクイーン ⇒ 〇エイシンムジカ の馬単1点(390円的中)への絞り込みが成功しましたので、全体的には今一つながら多少の結果は残せたかと思います。

明日はキッチリと固め打ちをして巻き返したいと思います!

ということで早速ですが、本題の明日の「F式」重賞予想、「優駿牝馬(オークス)(G1)」の見解に行きたいと思います。

まずは参考として「優駿牝馬(オークス)」のアドバンス指数をご覧下さい。

優駿牝馬(オークス)2018のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 A馬 23.7%
2 B馬 20.5%
3 C馬 15.9%
4 リリーノーブル 14.5%
5 トーセンブレス 5.2%
6 マウレア 4.2%
7 オールフォーラヴ 3.9%
8 レッドサクヤ 2.7%
9 シスターフラッグ 1.9%
10 カンタービレ 1.9%
11 ロサグラウカ 1.3%
12 ウスベニノキミ 1.2%
13 オハナ 0.9%
14 パイオニアバイオ 0.7%
15 ランドネ 0.6%
16 ウインラナキラ 0.4%
17 トーホウアルテミス 0.4%
18 サヤカチャン 0.3%

トーセンブレスは出走取消となっています。

A馬、B馬、C馬の名前はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの45位前後に書いてあります。

優駿牝馬(オークス)2018   前日18時10分現在の単勝人気上位

1 アーモンドアイ 1.7
2 ラッキーライラック 4.2
3 サトノワルキューレ 6.3
4 リリーノーブル 16.8
5 オールフォーラヴ 25.9
6 マウレア 26.4

人気はこの時点ではアーモンドアイが1.7倍の1番人気。

続いてラッキーライラック、サトノワルキューレまでが10倍未満のオッズとなっている。

戦前の予想通りアーモンドアイが1番人気になりそうだが、思っていた以上の断然人気になりそうな気配。

優駿牝馬(オークス)2018 展開予想

展開は余程のことが無い限りサヤカチャンがハナを切ると思うが、他にもランドネ、オールフォーラヴ、トーホウアルテミス、カンタービレなども先行すると思われる。

人気処の位置取りはラッキーライラックとリリーノーブルは好位3~4列目の内目、サトノワルキューレは今回は中団前目辺り、アーモンドアイはいつも通りほぼ最後方のポジションになるとみる。

サヤカチャンが逃げる想定して場合、1000M通過は61~62秒前後のペースになると予想。

優駿牝馬(オークス)2018 見解

さて、今年のオークスの指数分布をみると、上位4頭とそれ以下との間にかなり大きな断層がありますが、このような指数分布だと上位4頭で決まる可能性がかなり高いとみています。

指数順位1位はA馬となっていますが、オッズとの兼ね合いだとA馬を軸には推せません。

そこで、今年のオークスは指数順位上位4頭の中でA馬以外の馬1頭を軸とし、ヒモも残りの指数順位上位馬に絞り込んだ馬券を組みたいと思います。

A馬以外のどの馬を軸にするかに関しては、この後のYoutube生放送でもう少し詳しくやりたいと思います。

結論の印と買い目は、ライト会員以上の方は別途、明日の午前中までにメールを送らせて頂きます。

また、明日の「F式」対象全鞍のラインナップは「鬼熱」1鞍、「激熱」4鞍の合計5鞍となっています。

「F式」厳選1鞍の対象レースは、明日は「鬼熱」から行く予定ですが、最終的に絞った買い目については明日の午前中までに配信させて頂きます。

最後に・・・

この後22時からいつものように「優駿牝馬(オークス)」に関するYoutube生放送を行いますので、是非ご覧いただければと思います。

「競馬新聞ゼロ」 Youtubeチャンネル
⇒ https://www.youtube.com/channel/UCBDdRc7wovawI90dAvSsIhg

明日も、どうかご期待ください!

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト


開幕週だからこそ錯綜する思惑。
ー不確定要素を避けたい陣営ー
開催地が切り替わるタイミングは調教師、厩舎にとって非常に重要なポイント
フラットな馬場状態、開催が進めば進むほど馬場は荒れていく。。
ー勝負になる馬は数頭だけ?ー
本来の能力を発揮できる開幕週に「必ず勝たせたい馬」をぶつけてくる。
が、ライバル厩舎の動向に注視し実力馬同士の潰しあいを避ける事もある。
ー適正重視の舞台で精度上昇ー
心身両面での個性や特性は「適正」と言われ、適正は時に弱点にもつながるため、中京競馬に照準を合わせた陣営を割り出す事は馬券の勝率を引き出すファクター。
2018年G1優勝馬の生産者及びレース前の放牧先外厩舎の一覧→クリック

それぞれのベクトルが指し示す思惑。
直近重賞の的中実績
日経新春杯105.3倍/フェアリーS547.4倍/シンザン記念1129倍

季節の変わり目、開催地の変わり目、トレセン班はもう中京情報を血眼で仕入れてます。
メルマガ購読必須。トレセン班が追いかける馬がきてます。
中京競馬最新情報を見る