【優駿牝馬(オークス)2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のFです。

2018年5月20日(日)に行われる「優駿牝馬(オークス)2018」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

優駿牝馬(オークス)2018 出走予定馬

登録馬は以下の20頭となっています。

アーモンドアイ
ウインラナキラ
ウスベニノキミ
オールフォーラヴ
オハナ
カンタービレ
ゴージャスランチ
サトノワルキューレ
サヤカチャン
シスターフラッグ
スカーレットカラー
トーセンブレス
トーホウアルテミス
パイオニアバイオ
マウレア
ラッキーライラック
ランドネ
リリーノーブル
レッドサクヤ
ロサグラウカ

予想オッズ

1 アーモンドアイ 2.5
2 サトノワルキューレ 3.8
3 ラッキーライラック 3.9
4 カンタービレ 12.8
5 リリーノーブル 14.1
6 オールフォーラヴ 24.3
7 トーセンブレス 31.0

予想オッズ上位人気馬の見解

アーモンドアイ

戦績4戦3勝 美浦・国枝栄
父ロードカナロア 母父サンデーサイレンス

前走の桜花賞(G1)は4コーナー後方16番手から直線一気の豪脚で見事に差し切り勝ち。
桜花賞はかなり強い勝ち方だったが、やはりそれでもロードカナロア産駒というのがどうしても引っ掛かる。
これだけ切れる脚を使う馬が果たして2400Mが合うのか?
能力の違いでこなす可能性ももちろんあるが、過信はしないほうがよい気がする。

サトノワルキューレ

戦績4戦3勝 栗東・角居勝彦
父ディープインパクト 母父Roi Normand

前走はオークストライアルのフローラS(G2)に出走し、4コーナー14番手からこちらも豪脚を繰り出して見事に差し切り勝ち。
着差はクビ差だったが着差以上の強さを感じた。
前々走のゆきやなぎ賞(500万下)で負かしたエタリオウが青葉賞(G2)でも好タイムで2着に好走しているので、その点もコノ馬の強さを示している。
メンバー中2400Mの勝ち鞍があるのはコノ馬だけなので、かなり買い安心感があると思う。

ラッキーライラック

戦績5戦4勝 栗東・松永幹夫
父オルフェーブル 母父Flower Alley

前走の桜花賞(G1)は好位から正攻法でレースを進め、直線で一旦抜け出したがアーモンドアイの豪脚に屈し2着。
レースセンスの高さから多少の距離延長は大丈夫だと思うが、2400Mがベストとは言い難い。
コノ馬もアーモンドアイ同様に能力の高さで距離を克服する可能性はあるが、過信はしないほうがよい気がする。

カンタービレ

戦績4戦2勝 栗東・角居勝彦
父ディープインパクト 母父Galileo

前走はフラワーC(G3)を使い2番人気だったが、直線で鋭く抜け出し見事1着。
2着に負かしたトーセンブレスは次走の桜花賞で4着、3着に負かしたノームコアは次走のフローラSで3着に来ているので、前走のメンバーレベルはそれなりに高かったと思う。
血統的にも母父がGalileoということで距離が延びるのはかなり良さそうなので、上位人気の一角を崩す可能性は十分ありそう。

リリーノーブル

戦績5戦2勝 栗東・藤岡健一
父ルーラーシップ 母父クロフネ

前走の桜花賞(G1)は3番人気3着でどうしてもラッキーライラックは先着されてしまう。
堅実だがワンパンチ足りない印象が強く、距離が延びるのも微妙な気がする。
ラッキーライラックを逆転することは可能かも知れないが、それ以外の馬に先着を許す可能性がさらに出て来そう。

オールフォーラヴ

戦績3戦2勝 栗東・中内田充正
父ディープインパクト 母父キングカメハメハ

前走は3歳牝馬限定オープンの忘れな草賞を使い1番人気に応えて1着。
しかし、着差は僅かハナ差の辛勝だった。
その前走で負かしたランドネが次走でスイトピー賞を勝ったが、全体的なメンバーレベルはかなり低かったと思われる。
キャリア3戦ということで底をみせていない魅力はあるが、中途半端に人気になりそうなら軽視か。

トーセンブレス

戦績5戦1勝 美浦・加藤征弘
父ディープインパクト 母父ファルブラヴ

前走の桜花賞(G1)は上がり2位の脚を使っての4着。
NHKマイルCへの登録もあったが、こちらへ出走してきた。
コノ馬もどちらかというとキレで勝負するタイプなので、距離延長は微妙に思える。
多少人気になるようなら軽視か。

現時点での狙い馬候補

優駿牝馬(オークス)は3歳牝馬クラシックの2冠目のレースで東京芝2400Mで行われます。
この時期の牝馬にとって2400Mへの一気の距離延長は過酷なのですが、例年だとトライアル組みよりも桜花賞組みが優勢となっています。

一応、現時点の軸候補はコノ馬です。⇒⇒ 人気ブログランキングの6位前後に書いてあります。

前走でも狙いましたが、スケール感ではコノ馬が一番だと思っています。
オークスを意識したローテンションも好感が持てますし、2400Mの距離適性もコノ馬が抜けているとみています。

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】エリーの重賞おすすめ馬【根岸S編】

27日(日)はフェブラリーSの前哨戦『根岸ステークス
去年のダート界に現れた新星ルヴァンスレーヴがフェブラリーS回避。王者不在のG1でどの馬が勝つのか混沌としてきましたね。根岸Sが直結しそうな気がするのでしっかり分析して根岸&フェブラリーダブル的中を目指しましょう。

エリー推奨馬
本命馬サンライズノヴァ
前走G1のチャンピオンズCこそ6着と馬券圏外に負けたが、その前3走は東京コースで重賞含む3連勝。去年のこのレースも2着、フェブラリーSも4着ならコース実績がずば抜けている。
穴馬クインズサターン
今年の根岸S出走予定馬に距離短縮組が少なかったので穴推奨はこの馬で。東京コースは秋嶺S勝ちや武蔵野S2着など相性が良い。重賞でたびたび馬券に絡んでくるので侮れない。

エリーはダート戦の成績があまり良くなくてちょっと自分の予想だけでは心もとない。。そこで参考にしたいのが競馬大陸さんの『利益直結馬』ホントに嘘みたいに次々と当てていてびっくりなんです!



昨年の秋ダートG1もご覧の的中実績!堅いレースは本命馬で。荒れたレースも利益穴馬で拾っていて万馬券的中!このダート路線の力関係を把握されてるので信頼度絶大です!
利益直結馬はコチラから!

自分で予想した馬とここの買い目を組み合わせて的中目指します!
競馬大陸の穴馬を見に行く!
メール登録して確認メールをクリック!