F式競馬予想ブログ【競馬新聞ゼロ】

競馬新聞ゼロの管理人Fが、週末の重賞予想や、有料公開したレースの結果報告などを行います。

「阪神牝馬ステークス2018」「ニュージーランドトロフィー2018」の見解【競馬予想記事】

time 2018/04/06

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。管理人F
↓↓↓↓↓↓
「阪神牝馬ステークス2018」「ニュージーランドトロフィー2018」の見解【競馬予想記事】

競馬新聞ゼロ管理人のFです。

 

先週は大谷選手がメジャー初打席でヒットを放った話をしました。

ご存知の方も大変多いと思いますが、その後大谷選手は本拠地デビュー戦でホームランを放ち、さらに、次の試合でもホームラン。

いきなり2試合連続ホームランの大活躍をしています。

いつも期待以上想像以上の結果を残す大谷選手は、本物のスーパースターなんですね。

いつか死ぬまでにアメリカに行って、大谷選手のホームランを生で観たいと本気で思っております。

 

大谷選手が抜けた日本ハムも開幕3連敗でどうなることかと思いましたが、その後の3連勝でようやく軌道に乗ってきた感じです。

私の予想のほうも、大谷選手や日本ハムのように軌道に乗せたいと思っております!

 

さて、話は本題の競馬の話題に入りますが、今週は3歳牝馬クラシックの1冠目「桜花賞」があります。

ラッキーライラックが断然人気になると思いますが、1枠1番に入ってしまいました。

先行力もある馬なので、最内枠でもそれほど心配はいらないような気もしますが、3年前のルージュバック(9着)、2年前のメジャーエンブレム(4着)、昨年のソウルスターリング(3着)と3年連続で断然人気馬が連対を外しているのは不吉な感じがします。

ラッキーライラックの指数順位は一応1位なのですが、期待勝率は思っていたほど高くなりませんでしたので、当然ながらラッキーライラック以外の馬を軸にするつもりでおります。

軸候補として想定している馬はそれなりの穴馬なので、来たら熱い馬券になる筈ですので、結論を今から楽しみして頂ければと思います。

 

ということで、明日の重賞の見解に行きたいと思いますが、明日は阪神で「阪神牝馬ステークス(G2)」、中山で「ニュージーランドトロフィー(G2)」があります。

まずは先に「ニュージーランドトロフィー」の見解から行きます。

参考として「ニュージーランドトロフィー」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

ニュージーランドトロフィー2018のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 A馬 23.2%
2 B馬 20.3%
3 ファストアプローチ 10.7%
4 C馬 8.9%
5 エントシャイデン 6.5%
6 リョーノテソーロ 6.4%
7 アンブロジオ 6.1%
8 カツジ 5.8%
9 ラムセスバローズ 2.6%
10 コスモイグナーツ 2.6%
11 ペイシャルアス 2.1%
12 ゴールドギア 1.9%
13 デルタバローズ 1.5%
14 カイザーメランジェ 1.0%
15 イサチルルンルン 0.4%

 

A馬、B馬、C馬の名前はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの42位前後に書いてあります。

 

 

ニュージーランドトロフィー2018 netkeiba予想オッズの上位人気

1 ケイアイノーテック 2.8
2 カシアス 4.0
3 ファストアプローチ 4.8
4 カツジ 5.1
5 リョーノテソーロ 8.5
6 ラムセスバローズ 12.7

 

netkeibaの予想オッズではケイアイノーテックが2.8倍で1番人気。

続いてカシアス、ファストアプローチ、カツジ、リョーノテソーロまでが10倍未満のオッズとなっている。

他の競馬情報サイトの予想オッズだとカツジがかなり人気になっており、カツジのほうが予想オッズで1番人気のところもある。

 

ニュージーランドトロフィー2018 展開予想

展開は1枠1番に入ったコスモイグナーツがハナを切る可能性が高い。

人気処の位置取りは同オーナーのカシアスとカツジは好位の2~3番手、ファストアプローチはその直後辺り、ケイアイノーテックは中団よりも後方のポジションになるとみる。

コスモイグナーツがハナを切る前提でいるが、陣営のコメントだと控える競馬も多少は視野に入れている雰囲気もある。

場合によっては昨年のような超スローペースになる可能性もありそう。

 

ニュージーランドトロフィー2018 見解

さて、このレースは週始めのブログとYoutubeの見解ではB馬を軸候補していましたが、B馬がかなりの外枠に入ってしまいました。

指数順位も2位で期待勝率20.3%なので、1番人気になるようなら軸には出来ないとみています。

 

そこで、このレースは素直に指数順位1位のA馬1頭だけを軸にするパターンか、オッズ次第では指数順位4位C馬も軸に加えた2頭を軸にするパターンのどちらかで馬券を組みたいと思います。

 

続いて「阪神牝馬ステークス」の見解に行きます。

参考として「阪神牝馬ステークス」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

阪神牝馬ステークス2018のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 D馬 31.3%
2 E馬 18.9%
3 F馬 11.4%
4 エテルナミノル 6.4%
5 ミスパンテール 5.9%
6 デンコウアンジュ 5.1%
7 ジュールポレール 4.6%
8 ラビットラン 4.4%
9 ミエノサクシード 3.9%
10 クインズミラーグロ 3.2%
11 ミリッサ 2.3%
12 ワントゥワン 1.3%
13 レッドアヴァンセ 1.1%

 

D馬、E馬、F馬の名前はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの42位前後に書いてあります。

 

 

阪神牝馬ステークス2018 netkeiba予想オッズの上位人気

1 リスグラシュー 2.1
2 ソウルスターリング 3.6
3 アドマイヤリード 5.5
4 ミスパンテール 5.8
5 ラビットラン 13.8
6 ジュールポレール 22.0

 

netkeibaの予想オッズではリスグラシューが2.1倍で1番人気。

続いてソウルスターリング、アドマイヤリード、ミスパンテールまでが10倍未満のオッズとなっている。

他の競馬情報サイトのもほぼ同じような予想オッズになっている模様。

 

阪神牝馬ステークス2018 展開予想

展開はコレと言った先行タイプ不在でどの馬がハナを切るかはかなり予想し辛い。

可能性としては1枠1番に入ったジュールポレールが自然とハナに立ってしまうかも知れない。

何れにしてもかなりのスローペースになる可能性が高いとみる。

 

阪神牝馬ステークス2018 見解

さて、このレースは週始めのブログとYoutubeの見解通りにD馬を軸にします。

指数順位も1位で期待勝率も30%を超えてきましたので、この程度の人気なら狙うのに十分な水準です。

古馬の一流処との対戦で凡走が続き、今回は久々の一戦になりますが、狙うなら今回のタイミングしかないとみています。

 

馬券はD馬からヒモはなるべく絞った形にしたいと思っています。

結論の印と買い目は、ライト会員以上の方は別途、明日の午前中までにメールを送らせて頂きます。

 

また、明日の「F式」対象全鞍のラインナップは「鬼熱」1鞍、「激熱」4鞍の合計5鞍となっています。

「F式」厳選1鞍の対象レースは、明日は「鬼熱」から行く予定ですが、最終的に絞った買い目については明日の午前中までに配信させて頂きます。

 

 

最後に・・・

競馬新聞ゼロのLine@に「友だち登録」して頂くと、「プレミアム会員」お試し1週間登録の500円割引きクーポンと、「プレミアム会員」1年一括登録の2000円割引きクーポンを進呈させて頂きますので、「友だち登録」が未だのかたは是非とも登録をお願いいたします。

 

Line@友だち登録はこちらから
⇒ https://line.me/R/ti/p/%40lwr1439o

 

※今後も様々な特典をご用意する予定です。

 

今週も、どうかご期待下さい!

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

【SNSフォロー大歓迎!】

友だち追加
ツイッターフォロー