F式競馬予想ブログ【競馬新聞ゼロ】

競馬新聞ゼロの管理人Fが、週末の重賞予想や、有料公開したレースの結果報告などを行います。

【ダービー卿チャレンジトロフィー2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

time 2018/03/25

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。管理人F
↓↓↓↓↓↓
【ダービー卿チャレンジトロフィー2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

競馬新聞ゼロ管理人のFです。

 

2018年3月31日(土)に行われる「ダービー卿チャレンジトロフィー2018」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

ダービー卿チャレンジトロフィー2018 出走予定馬

 

登録馬は以下の21頭となっています。

アデイインザライフ
アドマイヤゴッド
キャンベルジュニア
クラリティシチー
クラリティスカイ
グレーターロンドン
ゴールドサーベラス
サンライズメジャー
ストーミーシー
ソルヴェイグ
タイセイサミット
ダイワリベラル
テオドール
ディバインコード
トーセンデューク
ヒーズインラブ
マイネルアウラート
マルターズアポジー
ミュゼエイリアン
レッドアンシェル
ロジチャリス

 

予想オッズ

1 マルターズアポジー 4.0
2 グレーターロンドン 4.3
3 レッドアンシェル 4.5
4 アデイインザライフ 9.6
5 ゴールドサーベラス 10.3
6 テオドール 13.2

 

予想オッズ上位人気馬の見解

マルターズアポジー

前走の中山記念(G2)は6番人気ながら逃げ粘ってタイム差無しの3着に好走。
重賞はこれまで福島記念(G3)、小倉大賞典(G3)、関屋記念(G3)と3勝しているが、何れも直線は平坦なコースだった。
しかし、中山のマイル戦でも勝ち鞍があり、前走も好メンバー相手に中山で好走しているので直線の坂が苦手というわけではない。
今回も余程のことが無い限りハナを切ると思うが、競りかける馬は恐らくいないか。
大阪杯(G1)にも登録しているが、勝つ可能性が高いのはコチラのレースのほうだと思う。

 

グレーターロンドン

前走の東京新聞杯(G3)は1番人気に推されたが、積極策が裏目に出たのか直線は馬群に沈み9着に大敗。
これまで重賞での連対実績は無いが、昨年の安田記念(G1)4着、毎日王冠(G2)3着という実績がある。
中山コースは過去2-1-1-0と相性は良いが、基本的にスローの瞬発力勝負向きなので、マルターズアポジーが引っ張る流れが向くとは思えない。
人気になり過ぎるようなら軽視したいところか。

 

レッドアンシェル

前走の京都金杯(G3)は1番人気に推されたが3着に終わった。
これまで8戦のキャリアがあるが、掲示板を外したのは2歳時の朝日杯FS(G1)の8着だけということで堅実性が持ち味。
中山のマイルは未経験だが、タイプ的には合いそうな感じがするので、上位争いは十分可能とみる。

 

アデイインザライフ

前走のニューイヤーS(オープン)は約1年半振りのレースで0.3差の7着という結果だった。
休む前に新潟記念(G3)を勝っており、その新潟記念を勝つ時点で3連勝を挙げていた。
コノ馬も過去14戦のキャリアで掲示板を外したのは皐月賞(G1)の16着と長期休み明けの前走の7着だけということで堅実性は高い。
叩いた上積みは大きいと思うので、今回はかなりの前進が可能とみる。

 

ゴールドサーベラス

前走は中山芝1600Mの幕張S(1600万下)を8番人気で勝っている。
前々走も中山芝1600Mの1000万下を勝っていて現在2連勝中。
前走の2着馬は過去に東京新聞杯(G3)2着などの実績があるプロディガルサンなので、準オープンとは言えメンバーレベルは高かった。
遅咲きのスクリーンヒーロー産駒という感じなので、重賞初挑戦でも勢いで上位に食い込んで来る可能性はあるかも知れない。

 

テオドール

前走の白富士S(オープン)は2番人気で5着という結果だった。
以前は差す競馬をしていたが、ここ最近は前半から飛ばす競馬のほうが多い印象を受ける。
過去5勝のうち3勝は中山で挙げているのでコース適性はあるので、今回が重賞初挑戦でもハンデ次第では上位に食い込めそう。

 

現時点での狙い馬候補

ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)は、中山芝1600Mで行われるハンデ重賞です。
伝統あるレースで、過去にはG1を6勝したモーリスなどがこのレースを勝って超一流馬への足掛かりを作っています。
本来は、安田記念(G1)を見据えた馬が出て欲しいレースですが、正直、今年のメンバーは少々小粒な印象を受けます。

それらをふまえ、現時点の狙い馬候補はコノ馬です。⇒⇒ 人気ブログランキングの7位前後に書いてあります。

ここ数戦は結果が出ていませんが、昨年前半まではかなりの素質を示していました。
脚質にも自在性があり、中山実績もかなりある馬です。
恐らく今回は上位人気にはならないので、ここで復活すればかなりの好配当が期待出来るとみています。

 

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

【SNSフォロー大歓迎!】

友だち追加
ツイッターフォロー