競馬新聞ゼロの管理人Fが、週末の重賞レースを予想します。

【マイルチャンピオンシップ2017】レッドファルクスやエアスピネルが人気になりそうですが超混戦模様です。【出走予定馬と予想オッズ】

blog_20171113

競馬新聞ゼロ副管理人の峰岸です。

 

2017年11月19日(日)に行われる「マイルチャンピオンシップ2017」の出走予定馬と予想オッズです。

 

登録馬は以下の22頭となっています。

 

アメリカズカップ
イスラボニータ
ウインガニオン
エアスピネル
ガリバルディ
クルーガー
グァンチャーレ
グランシルク
サトノアラジン
サングレーザー
ジョーストリクトリ
ダノンメジャー
ディサイファ
ネオリアリズム
ブラックムーン
ペルシアンナイト
マルターズアポジー
ムーンクレスト
メラグラーナ
ヤングマンパワー
レーヌミノル
レッドファルクス

 

予想オッズ
1 レッドファルクス 4.3
2 エアスピネル 4.5
3 イスラボニータ 5.1
4 サングレーザー 7.4
5 サトノアラジン 8.0
6 ネオリアリズム 10.3

 

今年は多彩な顔触れが集まって超混戦模様になっていますが、レッドファルクスとエアスピネルのどちらかが1番人気になるとみています。
それ以外の馬では、イスラボニータ、サングレーザー、サトノアラジン、ネオリアリズム辺りが上位人気になるとみています。

 

レッドファルクスはスプリンターズS1着からの参戦。
今年春の安田記念は0.1差の3着に追い込んでおりマイルも守備範囲ではある。
このあと香港に参戦すると思うので、目イチで仕上げて来ることはなさそうだが、総合的にみて実績は最上位の馬なので恐らく1番人気はコノ馬だとみている。

 

エアスピネルは富士S1着からの参戦。
前走は不良馬場だったが勝ちタイムは1分34秒8だった。
これまで千六から三千までの距離で14戦して一度も掲示板を外したことが無い超堅実馬。
しかし、やや爆発力に欠ける印象もある。
このレースが秋の大目標で目イチなのは確かだと思うが、1着まであるかは微妙なところ。

 

イスラボニータは富士S2着からの参戦。
春の安田記念は1番人気だったが0.4差の8着。
今回が皐月賞以来のG1獲りのラストチャンスかも知れない。
恐らく目イチで挑んでくるのは確実で、ここでもう一花咲かせる可能性は十分有り得る。

 

サングレーザーはスワンS1着からの参戦。
現在4連勝中で500万下からG2までを一気に駆け上がってきた。
しかし、スワンSは道悪でのレースだったので評価は難しい。
勢いは間違いなく1番だが、本質的に千四ぐらいがベストでマイルは微妙に長そうな感じもする。

 

サトノアラジンは天皇賞(秋)18着からの参戦。
春の安田記念を制して念願のG1勝ちを収めたが、前走の秋天は極悪馬場が祟って殿負け。
高速馬場が得意というイメージが強いため、現在の荒れて時計の掛かる京都の馬場は合わない感じがするが、春の王者の意地を見せて欲しいところ。

 

ネオリアリズムは天皇賞(秋)13着からの参戦。
今年4月に香港QE2を勝ってG1馬となったが、夏の札幌記念に出走する予定が頓挫。
道悪はどちらかというと得意な馬だと思ったが秋天は惨敗。
恐らく、秋天の惨敗は調子自体が戻っていなかった可能性が高い。
昨年のこのレースは3着だったので、ここで好走の可能性は大いに有り得る。

 

この6頭が上位人気になるとみていますが、この6頭以外で狙ってみたい馬がコノ馬です。⇒⇒ 人気ブログランキングの76位前後に書いてあります。

 

コノ馬、好走と凡走の落差が激しいので人気にはならなそうだが、今回展開に恵まれる可能性が多いにある。
鞍上ともども初G1制覇を期待したい。

 

最終的な結論は管理人Fが週末のF式重賞予想で印や買い目を公開します。

 

【競馬新聞ゼロ 無料会員について】

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メルマガでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

関連記事