「JBC3競走2017」「ファンタジーステークス2017」の見解【競馬予想記事】

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ管理人のFです。

お元気でしょうか?

11月に入りまして、クリスマスケーキやおせちの予約の告知とかをみると、今年もあっという間に終わりが近づいていると感じますね。

先々週、先週と東京と京都は泥んこ馬場で競馬が行われました。

ここ最近はあれほどの極悪馬場になることはめったにありませんから、予想もかなり難しかったと思います。

今週末はようやく天候に恵まれそうですので、東京と京都に関しては芝もダートも良馬場でやれそうな感じです。

福島に関しても今日の昼発表ではダートが稍重ですが、これも当日には良馬場になるかも知れません。

さて、今週末の3連休は3日連続開催となるわけですが、明日の金曜日は大井競馬場でJBCの3競走が行われます。

15:45発走 大井7R「JBCレディスクラシック」
16:25発走 大井8R「JBCスプリント」
17:10発走 多い9R「JBCクラシック」

ご注意願いたいのは、即PATやA-PATの地方競馬ネット投票は発売締め切り時刻が、発走の”4分前”となっています。

ですので、明日の京都メイン「ファンタジーS」の発走時刻が15:35、京都最終レースの発走時刻が16:10ですので、JBCレディスクラシックやJBCスプリントの馬券はなるべく中央のメインレース発走前には購入を済ませておいたほうが良いと思います。

今年で17回目を迎えるJBC競走ですが、毎年JBCの時期になると、コアレスハンターという馬のことを思い出します。

大井生え抜きの馬だったのですが、大井で行われた第3回JBCクラシック( https://youtu.be/b1QuFGwUapA )でアドマイヤドンの3着に好走した馬です。

この時7番人気でした。

JBCクラシックの前走のマイルCS南部杯( https://youtu.be/25LhHyCs-_A )で6番人気ながら逃げてアドマイヤドンの2着に粘っていたのですが、JBCではあまり評価が上がっていませんでした。

そして、暮れの東京大賞典( https://youtu.be/2GXV57iumpY )はスターキングマンの2着に好走。

ここも7番人気でした。

この2003年の3つのレースで馬券でコアレスハンターにどれだけ世話になったか。。。

その後も息長く活躍した馬なのですが、本当に大好きな馬でした。

あの当時、中央競馬のファンは地方所属馬のことがあまり知られていませんでしたので、今と同様にダートグレードレースでは地方馬はあまり売れませんでした。

今は別の意味で、馬のレベルが低すぎて地方馬が全然売れません。

でも、あの頃は通用する地方馬でもあまり売れないことがよくあったのです。

あれから約15年経ちましたが、中央と地方のレベル差はかなり開きました。

中央から地方転入後に再ブレイクするタイプの馬ならたまに出てきますが、出来れば、コアレスハンターのような生え抜きで中央馬と好勝負出来る馬が出てきて欲しいところです。

ということで、そろそろ本題の明日の「F式」重賞予想にいきたいと思いますが、週初めの峰岸のブログ記事で予告した通り、JBCの3競走につきましても「F式」重賞予想の特別版として予想を行わせて頂きます。

まずは先に明日の中央競馬の重賞、京都メインの「ファンタジーS」の見解から行きます。

参考として「ファンタジーS」のアドバンス指数をご覧下さい。

ファンタジーSのアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 アマルフィコースト 18.9%
2 コーディエライト 18.3%
3 A馬 15.8%
4 B馬 14.2%
5 C馬 7.9%
6 ?????? 6.5%
7 ?????? 4.1%
8 ボウルズ 3.9%
9 アーデルワイゼ 3.5%
10 トンボイ 3.3%
11 レグルドール 1.8%
12 スノーガーデン 1.1%
13 ダイシンステルラ 0.6%

A馬、B馬、C馬の名前はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの63位前後に書いてあります。

netkeiba予想オッズの上位人気は以下のような感じです。

1 アーデルワイゼ 3.4
2 アマルフィコースト 3.6
3 ベルーガ 5.0
4 コーディエライト 5.0
5 ペイシャルアス 9.9
6 スズカフェラリー 11.6

netkeibaの予想オッズでは、アーデルワイゼが3.4倍で1番人気。

続いてアマルフィコースト、ベルーガ、コーディエライト、ペイシャルアスまでが10倍未満のオッズとなっている。

他の競馬情報サイトの予想オッズだと、上位人気の顔ぶれはほぼ一緒も、netkeibaの予想オッズと比べてオッズ順位はかなり異なっているところが多い。

展開は2歳戦なのでかなり読みづらいが、モズスーパーフレア、コーディエライト、トンボイ辺りが先行しそう。

その中でも、テンのスピードからしてモズスーパーフレアが抑えきれずにハナに行ってしまう可能性が高そうに思える。

ペースそれなりに速くなるとみる。

さて、ファンタジーステークスは本来、阪神JFを見据えた馬が出てくるのだが、2002年のピースオブワールドを最後に、勝ち馬から阪神JFを制した馬は出ていない。

今年のメンバーを見渡した感じでは、ここ最近の傾向と同様、小粒なメンバーが揃った感じと言える。

ダイワメジャー産駒の2頭、アマルフィコーストとコーディエライトが指数順位1位と2位になっているが、期待勝率自体はともに18%台ということで、期待値的には少々足りない感じとなっている。

そこで、ファンタジーSに関しては指数順位3位以下の馬から穴軸を数頭ピックアップし、馬券を組みたいと思います。

穴軸に関しては、指数3位のA馬、指数4位のB馬、指数5位のC馬の3頭を候補とし、この中から選びたいと思います。

続いてJBC3競走の見解に行きたいと思います。

まずは、牝馬限定で距離は1800Mの「JBCレディスクラシック」の見解から。

前日20時00分現在の単勝人気上位は以下のようになっています。

1 ホワイトフーガ 2.2
2 プリンシアコメータ 4.7
3 ワンミリオンス 6.0
4 アンジュデジール 6.1
5 ララベル 10.9
6 タガノヴェローナ 14.2
7 キンショーユキヒメ 14.8

この時点では、ホワイトフーガが2.2倍で1番人気。

続いてプリンシアコメータ、ワンミリオンス、アンジュデジールまでが10倍未満のオッズとなっている。

単勝以外の馬券の売れ方を見ると、ホワイトフーガ→アンジュデジール→ワンミリオンス→ララベルの順で売れている模様。

展開は人気処ではララベルとタガノヴェローナ辺りが先行するタイプでこの2頭は前に行きそう。

その直後に他の中央勢がひしめく形で追走する形で、ホワイトフーガも3~4番手の好位を楽に取れそうである。

さて、JBCレディスクラシックは前哨戦のレディスプレリュードを8馬身差でぶっちぎった、ルメール鞍上クイーンマンボの断トツ1番人気が濃厚だったが、挫石で直前回避。

そうなると、ホワイトフーガ3連覇の目がかなり出てきたと言える。

ホワイトフーガはレディスプレリュードで2着だったが、過去2年ともレディスプレリュードはあくまで前哨戦という感じで勝ちに行ってない。

本番では過去2年とも鮮やかに快勝し、負かしてきた相手も強い馬ばかり。

ここは、さすがにホワイトフーガを外すことは考えづらい

そこで、JBCレディスクラシックに関してはホワイトフーガの相手馬を極限まで絞り込んで、馬券を組みたいと思います。

続いて、1200M戦の「JBCスプリント」の見解。

前日20時05分現在の単勝人気上位は以下のようになっています。

1 ニシケンモノノフ 1.7
2 コーリンベリー 6.1
3 コパノリッキー 7.0
4 キタサンミカヅキ 9.2
5 ブルドッグボス 9.8
6 スノードラゴン 15.2
7 ノボバカラ 29.5
8 ネロ 34.1
9 ドリームバレンチノ 56.8
10 スアデラ 62.7

この時点では、ニシケンモノノフが1.7倍で1番人気。

続いてコーリンベリー、コパノリッキー、キタサンミカヅキ、ブルドッグボスまでが10倍未満のオッズとなっている。

単勝以外の馬券の売れ方を見ると、コパノリッキー、ニシケンモノノフ、ブルドッグボス、コーリンベリー、キタサンミカヅキの5頭の人気が拮抗しており、かなり人気が割れている。

展開は内枠からスアデラ、ノボバカラ、シゲルカガ、コーリンベリー、アンサンブルライフ、ゴーディー、ネロと逃げ・先行タイプがかなり揃った。

恐らく高知の赤岡修次を乗せてきたスアデラがこの枠なら逃げざるを得ないので、そうなれば超ハイペースとなる可能性がかなりある。

問題は1200Mが初となる10番枠のコパノリッキーだが、自身より外枠にテンに速い馬が何頭か居るのが気になるところ。

スタートダッシュを決めないと、外から被されてしまうリスクがある。

かしわ記念のように最初は控えめに出て、直線勝負に出るのか? テン乗り森泰斗(船橋)がどのように乗るか?

さて、JBCスプリントは実績断トツのコパノリッキーが初の1200M戦に出てきたことで、馬券的には3競走の中で1番面白いと言えます。

コパノリッキーはここ2戦(かしわ記念、マイルCS南部杯)とも1600M戦で前半は抑え気味に行き、直線で弾けさせる競馬で完全復活しています。

今回もそのようなレースが出来れば、相手関係は楽になっているので圧勝の可能性もあるが、人気になり過ぎると話は変わってきます。

展開予想で述べたように外から被され揉まれた場合、過去何度も見せたような凡走のリスクも当然ながらあります。

そこで、JBCスプリントに関しては当日の馬券の売れ具合をみてコパノリッキーを軸にするか否かの判断をしたいと思います。

コパノリッキーの売れ方が採算に合わないと判断した場合、他の軸候補はブルドッグボスもしくはキタサンミカヅキのどちらか、もしくは両方を軸とした馬券を組む予定です。

最後に2000M戦の「JBCクラシック」の見解。

前日20時05分現在の単勝人気上位は以下のようになっています。

1 アウォーディー 2.3
2 アポロケンタッキー 3.3
3 サウンドトゥルー 5.5
4 ケイティブレイブ 5.7
5 オールブラッシュ 16.5
6 ミツバ 21.1
7 グレンツェント 22.9

この時点では、アウォーディーが2.3倍で1番人気。

続いてアポロケンタッキー、サウンドトゥルー、ケイティブレイブまでが10倍未満のオッズとなっている。

単勝以外の馬券の売れ方を見ると、アウォーディー、アポロケンタッキー、サウンドトゥルー、ケイティブレイブの4頭にかなり人気が集中している模様。

展開はオールブラッシュかケイティブレイブが先行しそうだが、恐らくオールブラッシュがハナを切り、ケイティブレイブは控えるとみる。

例によって中央勢が先団に固まって、地方勢は置き去りになる隊列になると思うが、アウォーディーは2~3番手の内目から常に先頭を射程に入れるような位置取りとなりそう。

そのアウォーディーをアポロケンタッキーは直後でマーク、さらにその後ろからサウンドトゥルーとケイティブレイブが進み、直線勝負のレースとなりそう。

さて、JBCクラシック今年6月の帝王賞の1着、3着、4着、5着、6着馬が顔を揃えましたので、その時の再戦といったメンバー構成となっています。

恐らく最終的には武豊のアウォーディーが1番人気になるとみていますが、アウォーディーは既に7歳。

ここ数戦は見た目分かりづらいですが、パフォーマンスは数値的に下降傾向となっています。

現に、帝王賞では特に不利も無く3着に負けていますし、今回は休養明けの一戦となります。

にもかかわらず1番人気になるのなら、馬券的妙味はほとんどありません。

そこで、JBCクラシックはアウォーディー以外の馬を軸に馬券を組む予定です。

軸候補はアポロケンタッキー、サウンドトゥルー、ケイティブレイブの何れかになりますが、これらの馬もある程度の人気になりますので、印と買い目は極限まで絞った形で行きたいと思います。

「ファンタジーS」および「JBC3競走」結論の印と買い目は、ライト会員以上の方は別途、「ファンタジーS」は明日の午前中まで、「JBC3競走」は明日の14時までにメールを送らせて頂きます。

そして、明日の「F式」対象全鞍のラインナップは「鬼熱」1鞍、「激熱」4鞍、「万券予告」1鞍の合計6鞍となっています。

「F式」厳選1鞍の対象レースは「鬼熱」から行く予定ですが、最終的に絞った買い目については、明日の朝9時までに配信させて頂きます。

今週もどうかご期待下さい!

【競馬新聞ゼロ 無料会員について】

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

その1 メルマガでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】今週末の無料提供レースは

土曜「ダービー卿チャレンジトロフィー」含めた5鞍想定。
日曜「大阪杯」含めた5鞍想定。
※レース前日念のため確認してください。

3月は重賞が多いのでここの本命穴馬提供はホントお得です。
ーーーーーーーーーーーーー
17日千葉ステークス本命1頭穴馬2頭→3連単73,240円
17日5鞍公開2鞍で3連単
16日韓国馬事杯穴馬3頭→3連単40,830円
16日5鞍公開3鞍で3連単

10日東風ステークス本命1頭穴馬2頭→3連単275,900円
10日フィリーズR穴馬3頭→3連単264,800円
10日昇竜ステークス穴馬3頭→3連単217,490円
10日賢島特別本命1頭穴馬2頭→3連単65,880円
10日5鞍公開5鞍で3連単
9日房総特別穴馬3頭→3連単107,030円
9日5鞍公開1鞍で3連単

3日弥生賞穴馬3頭→3連単457,370円
3日太宰府特別本命1頭穴馬2頭→3連単56,040円
3日5鞍公開2鞍で3連単
2日5鞍4鞍で3連単
ーーーーーーーーーーーーー
10日は大フィーヴァーしてましたね!
つまりは何が言いたいかと言うと・・・ここに出てる馬番でほぼ決着しており、公開されてる穴馬を見ておくと配当高い馬を1頭入れたい場合参考になるはずです。去年の大阪杯はペルシアンナイトが6番人気が2着でしたね。いつも過少評価されてるバレてない配当いい馬を見抜くので一見の価値はあるかと思います。

土曜「ダービー卿チャレンジトロフィー」含めた5鞍
日曜「大阪杯」含めた5鞍の穴馬を確認する。

無料提供されてる「利益直結馬」で確認できるので一度チェックしてみてください。確認メールきたらクリックしてログイン。