【シリウスステークス2017】ミツバ、モルトベーネ辺りが人気になりそうです。【出走予定馬と予想オッズ】

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ副管理人の峰岸です。

2017年9月30日(土)に行われる「シリウスステークス2017」の出走予定馬と予想オッズです。

登録馬は以下の19頭となっています。

キクノソル
サルサディオーネ
スリータイタン
タイニーダンサー
タガノゴールド
タムロミラクル
トップディーヴォ
トラキチシャチョウ
ドラゴンバローズ
ナリタハリケーン
ピオネロ
ブライトアイディア
プリンシアコメータ
マインシャッツ
マスクゾロ
ミツバ
メイショウイチオシ
メイショウスミトモ
モルトベーネ

予想オッズ
1 ミツバ 2.9
2 モルトベーネ 4.4
3 マスクゾロ 6.1
4 ピオネロ 6.3
5 ナリタハリケーン 9.9

ダートの中長距離路線の馬が揃いましたが、前走重賞勝ちの2頭、ミツバとモルトベーネが人気になりそうです。

それ以外の馬では、マスクゾロ、ピオネロ、ナリタハリケーン辺りが上位人気になるとみています。

ミツバは盛岡のマーキュリーC1着からの参戦。
これまでオープン特別で3勝を挙げていたが、前走でようやく初重賞勝ち。
以前は極端な追込み脚質だったが、ブラジルCで横山典による大逃げで快勝してからは、比較的好位での競馬が目立つ。
ダート馬の割に馬格はそれほど大きくないので、ハンデがどのくらいになるか気になるところ。
57キロを超えるとキツイ気がする。

モルトベーネは4月のアンタレスS1着以来のレースとなる。
いつもあまり人気にならない印象の馬で、これまでの7勝のうち1番人気で勝ったのは未勝利戦だけ。
その過去7勝のうち重・不良で4勝しているので、馬場はなるべく湿って欲しいところ。
休み明けは良くも無く悪くも無い感じだが、半年振りの休み明けは今回が初となるのが気になるところ。

マスクゾロは新潟のBSN賞2着からの参戦。
昨年のこのレースの勝ち馬である。
前走は昨年のこのレース以来の実戦だったが、ハナは獲りに行かず2番手からの競馬でトップディーヴォにゴール前で交わされた。
出来ればハナに行きたいが、もしサルサディオーネに出てこられると厄介な存在になりそう。
サルサディオーネが居なければ単騎で逃げられそうなので、連覇の可能性は十分有り得る。

ピオネロはエルムS7着からの参戦。
前走は2番人気に推されたが、ほとんど見せ場無く凡走。
しかし、過去の重賞実績は地方のダートグレードで2着が2回、中央では昨年のこのレースの2着がある。
重賞では勝ち切るほどのパンチ力が無いイメージが強く、今回も勝つまでは厳しいイメージが漂う。

ナリタハリケーンは札幌記念2着からの参戦。
ここ3戦は芝を使ってきたが、それまでは長らくダート戦を使い続けていた馬。
既に8歳馬だが、前走の札幌記念では12番人気で2着に激走。
芝のG1レースで馬券圏内の経験がある馬達に先着している。
今回ハンデがどの程度になるかだが、もしハンデに恵まれれば当然ダートでも激走は有り得る。

この5頭が上位人気になるとみていますが、この5頭以外で狙ってみたい穴馬がコノ馬です。⇒⇒ 人気ブログランキングの48位前後に書いてあります。

コノ馬、これまで重賞での実績は無いに等しいが、
徐々にだが力を確実に付けてきている。
それが前走のレースに表れており、恐らく生涯ピークの出来に近づいている。
ここは目イチで重賞を狙いに来ている筈。出来れば馬場は湿って欲しいところ。

最終的な結論は管理人Fが週末のメルマガ重賞予想で印や買い目を公開します。

【無料会員募集中】

競馬新聞ゼロでは無料会員を絶賛募集中です。
無料会員に登録すると以下の特典がございます。
その1 メルマガでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。
その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。
その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。
↓無料会員登録はこちらから↓
http://bit.ly/keiba0muryou
- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト


開幕週だからこそ錯綜する思惑。
ー不確定要素を避けたい陣営ー
開催地が切り替わるタイミングは調教師、厩舎にとって非常に重要なポイント
フラットな馬場状態、開催が進めば進むほど馬場は荒れていく。。
ー勝負になる馬は数頭だけ?ー
本来の能力を発揮できる開幕週に「必ず勝たせたい馬」をぶつけてくる。
が、ライバル厩舎の動向に注視し実力馬同士の潰しあいを避ける事もある。
ー適正重視の舞台で精度上昇ー
心身両面での個性や特性は「適正」と言われ、適正は時に弱点にもつながるため、中京競馬に照準を合わせた陣営を割り出す事は馬券の勝率を引き出すファクター。
2018年G1優勝馬の生産者及びレース前の放牧先外厩舎の一覧→クリック

それぞれのベクトルが指し示す思惑。
直近重賞の的中実績
日経新春杯105.3倍/フェアリーS547.4倍/シンザン記念1129倍

季節の変わり目、開催地の変わり目、トレセン班はもう中京情報を血眼で仕入れてます。
メルマガ購読必須。トレセン班が追いかける馬がきてます。
中京競馬最新情報を見る