【スプリンターズステークス2017】レッドファルクスが1番人気濃厚ですが結構混戦ですね。【出走予定馬と予想オッズ】

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ副管理人の峰岸です。

2017年10月1日(日)に行われる「スプリンターズステークス2017」の出走予定馬と予想オッズです。

登録馬は以下の23頭となっています。

キングハート
シュウジ
スノードラゴン
セイウンコウセイ
ソルヴェイグ
ダイアナヘイロー
ダンスディレクター
ティーハーフ
トーキングドラム
ナックビーナス
ネロ
ノボバカラ
ビッグアーサー
ファインニードル
フィドゥーシア
フミノムーン
ブリザード
メラグラーナ
モンドキャンノ
ラインミーティア
レッツゴードンキ
レッドファルクス
ワンスインナムーン

予想オッズ
1 レッドファルクス 3.4
2 ビッグアーサー 5.8
3 セイウンコウセイ 6.3
4 ファインニードル 8.0
5 ダイアナヘイロー 8.2

レッドファルクス、ビッグアーサー、セイウンコウセイ、ファインニードル、ダイアナヘイローの5頭が上位人気になりそうですが、他にもレッツゴードンキ、スノードラゴンを含めるとG1馬5頭が出走予定ですし、香港からブリザードという馬が参戦してきましたので、なかなかの好メンバーになった気がします。

恐らく1番人気はデムーロ騎乗予定のレッドファルクスがなりそうですが、恐らく単勝3倍台ぐらいだと思います。

2番人気以降はかなりオッズが拮抗しそうです。

レッドファルクスは安田記念3着以来の参戦。
昨年のこのレースを勝ちG1初制覇。
その後、香港スプリントで大敗するも、年明けぶっつけで挑んだ高松宮記念は地力を見せて3着。
5月の京王杯SCは道悪をものともせず1着。
そして、距離が不安視された安田記念でもキッチリ3着に食い込んでいる。
昨年も3ヶ月振りのレースで勝っているし、久々も苦にしない馬ではあるが、何だかんだ既に6歳の秋というのが気になるところで、いきなり衰えはじめてもおかしくない年齢ではある。

ビッグアーサーは昨年の香港スプリント以来、約10ヶ月振りのレースとなる。
昨年のこのレースは1番人気だったが、1番枠が災いし包まれまくって12着大敗。
昨年の高松宮記念を勝った頃の出来で復帰するとはなかなか思えないが、スプリンターとしての絶対能力は、レッドファルクスと互角以上のものは持っている筈。
福永も今年は気楽に乗れそうなので、案外アッサリ好走する可能性も結構ありそう。

セイウンコウセイは6月の函館スプリントS4着以来のレースとなる。
その函館スプリントSはシュウジが前半3F32.2の殺人的ペースで逃げたが、それをまともに追走し、ゴール前で差し馬勢の餌食になってしまう。
勝った高松宮記念が道悪で1分8秒7だったので、馬場の悪化は歓迎のクチだが、天気予報をみた感じでは、それほど馬場は悪くならなそう。
また、中山芝が未経験なのも気になるところ。

ファインニードルはセントウルS1着からの参戦。
前走はキャリア21戦目にして重賞初制覇。
他の人気馬と比べて実績は見劣るが、勢いはある。
しかし、今回はデムーロがレッドファルクスに騎乗するので、デムーロが乗れないのが痛いところ。

ダイアナヘイローは北九州記念1着からの参戦。
今年6月に1000万下から500万に降級後4連勝して一気に重賞勝ち馬となる。
最近では活躍馬が滅多に出ないキングヘイロー産駒。
勢いだけなら間違いなくメンバー中一番だが、牝馬で初の関東遠征や中山の坂、斤量増など不安要素はテンコ盛り。
人気になるようなら積極的に消したいところ。

この5頭が上位人気になるとみていますが、この5頭以外で狙ってみたい穴馬がコノ馬です。⇒⇒ 人気ブログランキングの48位前後に書いてあります。

コノ馬、中山芝千二は3戦3勝。
前走も馬券にはならなかったが上り最速を示して、間違いなく調子は上向き。
にもかかわらず、今回は恐らく7~8番人気に留まりそうで人気の盲点になりそう。

最終的な結論は管理人Fが週末のメルマガ重賞予想で印や買い目を公開します。

【無料会員募集中】

競馬新聞ゼロでは無料会員を絶賛募集中です。
無料会員に登録すると以下の特典がございます。
その1 メルマガでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。
その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。
その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。
↓無料会員登録はこちらから↓
http://bit.ly/keiba0muryou
- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト


開幕週だからこそ錯綜する思惑。
ー不確定要素を避けたい陣営ー
開催地が切り替わるタイミングは調教師、厩舎にとって非常に重要なポイント
フラットな馬場状態、開催が進めば進むほど馬場は荒れていく。。
ー勝負になる馬は数頭だけ?ー
本来の能力を発揮できる開幕週に「必ず勝たせたい馬」をぶつけてくる。
が、ライバル厩舎の動向に注視し実力馬同士の潰しあいを避ける事もある。
ー適正重視の舞台で精度上昇ー
心身両面での個性や特性は「適正」と言われ、適正は時に弱点にもつながるため、中京競馬に照準を合わせた陣営を割り出す事は馬券の勝率を引き出すファクター。
2018年G1優勝馬の生産者及びレース前の放牧先外厩舎の一覧→クリック

それぞれのベクトルが指し示す思惑。
直近重賞の的中実績
日経新春杯105.3倍/フェアリーS547.4倍/シンザン記念1129倍

季節の変わり目、開催地の変わり目、トレセン班はもう中京情報を血眼で仕入れてます。
メルマガ購読必須。トレセン班が追いかける馬がきてます。
中京競馬最新情報を見る