【セントウルステークス2017】ビッグアーサー回避で地味なメンツになりそうです。【競馬予想記事】

1日1回応援クリックを頂けると今後の運営の励みになります。
何とぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓

競馬新聞ゼロ副管理人の峰岸です。

前回の新潟記念の記事で取り上げたフルーキーは11番人気で5着という結果でした。

もうちょっとで馬券圏内だったので、惜しかったですね(泣)。

しかし、今週もFさんが推した3頭の◎穴軸の2頭(タツゴウゲキとカフジプリンス)が1着、3着。
アストラエンブレムも▲で単勝、ワイド、馬連、馬単、3連複の買い目が全的中という、先週のキーンランドCのようなことが2週連続で起こっています。

Fさんの予想が何週も続けて爆発するのって、年に何回もあるんですよね。。。恐ろしいですねw

さて、今週末から秋競馬がスタートということで、その開幕を飾る「セントウルステークス2017」の記事を書きたいと思います。

登録馬は以下の17頭となっています。

アドマイヤゴッド
アルティマブラッド
スノードラゴン
ダンスディレクター
ツィンクルソード
ナガラオリオン
ヒルノデイバロー
ファインニードル
フィドゥーシア
プレイズエターナル
ミッキージョイ
ミッキーラブソング
メラグラーナ
ラインミーティア
ラヴァーズポイント
ワキノヒビキ
ワキノブレイブ

出走していたら1番人気濃厚だったビッグアーサーが回避したので、かなり地味なメンツの印象です。
恐らく、ダンスディレクター、メラグラーナ、フィドゥーシア辺りが人気になると予想します。

ダンスディレクターは今年1月のシルクロードS1着以来の参戦。
昨年も全く同じローテーションとなり3番人気だったが7着。
休養明けはあまり走らないイメージもあるので、1番人気になるようなら買いたくないが、かといって他に買えそうな馬がいるのかという感じもする。

メラグラーナはCBC賞10着からの参戦。
今年3月のオーシャンSで重賞初勝利。
その勢いを買われて高松宮記念は3番人気に推されたが、道悪のせいか10着大敗。
前走のCBC賞も良馬場発表とは言え、レース直前に雨が降り出す状況だった。
今回も人気にはなりそうだが、開幕週の阪神は合いそうな感じもする。
人気の落ち具合で取捨の判断をしたいところ。

フィドゥーシアはアイビスサマーダッシュ2着からの参戦。
芝千二の重賞は初挑戦となるが、開幕週の阪神はこちらも合いそう。
但し、あまり外枠に入るとどうかという感じもするので、枠次第か。

この3頭が上位人気候補だと思いますが、この3頭以外で狙ってみたい穴馬がコノ馬です。⇒⇒ 人気ブログランキングの55位前後に書いてあります。

コノ馬、前走も狙ったが直線で完全に前が壁となってまともに追えてなかった。
今回は人気がかなり落ちる筈。
開幕週の阪神も合う。

最終的な結論は管理人Fが週末のメルマガで印や買い目を公開しますので、未だ無料会員登録されてない方はご登録頂ければと思います。

「セントウルステークス」「京成杯オータムハンデ」「紫苑ステークス」の印と買い目をご覧になりたい方は、【競馬新聞ゼロ】の無料会員のご登録をお願いいたします。

前日の配信時刻までにご登録頂ければご覧頂けます!

【無料会員募集中】
競馬新聞ゼロでは無料会員を絶賛募集中。
重賞競走の予想を「完全無料」にてご提供致します!

↓無料情報満載の無料予想ご登録はこちらから↓
http://bit.ly/keiba0muryou

「F式」および「中央アドバンス版」のご登録を希望の方は下記のURLからご登録ください。

クレジットカード(PAYPAL)での登録なら即時に利用可能です。

銀行振込でも、振込控えの画像などをメールかサポート掲示板で送って頂ければ、すぐに会員ライセンスを反映させて頂きます。

【F式投資競馬倶楽部】

<お試し2日間登録:2,980円(会員様によっては1,980円の特別料金!)>
http://s.keiba0.com/fshiki2day

<定期会員登録:月7,980円(最初の30日間は5,980円の特別料金!)>
http://s.keiba0.com/fshiki_tsukigaku
クレジットカード(ペイパル)のみ・月毎自動継続となります。

【中央アドバンス版】

<お試し2日間登録:980円>
http://s.keiba0.com/jraadvotamesi

<定期会員登録:月2,980円(最初の30日間は1,980円の特別料金!)>
http://s.keiba0.com/jraadvtukigaku
クレジットカード(ペイパル)のみ・月毎自動継続となります。

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト


開幕週だからこそ錯綜する思惑。
ー不確定要素を避けたい陣営ー
開催地が切り替わるタイミングは調教師、厩舎にとって非常に重要なポイント
フラットな馬場状態、開催が進めば進むほど馬場は荒れていく。。
ー勝負になる馬は数頭だけ?ー
本来の能力を発揮できる開幕週に「必ず勝たせたい馬」をぶつけてくる。
が、ライバル厩舎の動向に注視し実力馬同士の潰しあいを避ける事もある。
ー適正重視の舞台で精度上昇ー
心身両面での個性や特性は「適正」と言われ、適正は時に弱点にもつながるため、中京競馬に照準を合わせた陣営を割り出す事は馬券の勝率を引き出すファクター。
2018年G1優勝馬の生産者及びレース前の放牧先外厩舎の一覧→クリック

それぞれのベクトルが指し示す思惑。
直近重賞の的中実績
日経新春杯105.3倍/フェアリーS547.4倍/シンザン記念1129倍

季節の変わり目、開催地の変わり目、トレセン班はもう中京情報を血眼で仕入れてます。
メルマガ購読必須。トレセン班が追いかける馬がきてます。
中京競馬最新情報を見る